新型フォード・フォーカスが48Vマイルドハイブリッドに進化

■VWゴルフのライバルも48Vマイルドハイブリッド化

ピュアEV(バッテリーEV)をはじめ、プラグインハイブリッドやハイブリッドなど、世界の自動車メーカーにとって電動化は欠かせない施策になっています。48Vを含めたマイルドハイブリッドの普及もそうした流れを加速させていて、罰金のあるCAFE(企業平均燃費)規制をはじめとした燃費規制などに対応するのは急務になっています。

フォード フォーカス
フォード・フォーカスが48Vマイルドハイブリッド化され、欧州で受注を開始へ

そんな中、電動化された新型フォード・エコブースト・ハイブリッドは、燃費が17%向上したそうです。

電動化の中身は、48Vのマイルドハイブリッドシステムで、気筒休止も盛り込まれ燃料効率を改善しています。欧州で受注が開始されています。フォードは、日本市場から撤退していますが、フォルクスワーゲン・ゴルフなどの対抗馬として、フォーカスは欧州で高いプレゼンスを誇っています。

■フォードは欧州で2021年末までに電動化車両を18車種まで拡大へ

搭載されるエンジンは、1.0LのEcoBoost(エコブースト)ハイブリッドで、155PSという最高出力、116g/kmのCO2排出量(WLTP)を両立。

同ハイブリッドエンジンは、10年前にフォーカスに搭載されていた145PSの2.0リッターガソリンエンジンの2倍以上の出力密度を実現しているそうです。

フォード フォーカス
フォード・フォーカス(ワゴン)のリヤビュー

ハイブリッドシステムは、ベルト駆動スターター/ジェネレーター(BISG)、48Vのリチウムイオンバッテリーなどからなり、回生ブレーキによる減速エネルギーがバッテリーに溜められます。この48Vのバッテリーは助手席下に配置することでキャビンや荷室空間を犠牲にせずにすむ利点もあります。

フォード フォーカス
フォード・フォーカスのインパネ

また、BISGはモーターとしても機能し、エンジンと一体化して蓄えられたエネルギーを利用して、走行時や加速時にトルクをアシストしたり、電装品を作動させたりします。

フォード フォーカス
フォード・フォーカス(ハッチバック)のエクステリア

ラインナップは、スタイリッシュな「フォーカス・チタニウム・エディション」、クロスオーバーSUV風の「フォーカス・アクティブ・エディション」、スポーティな「フォーカス・STライン・エディション」、豪華な「フォーカス・ヴィニャーレ・エディション」が設定され、ボディタイプは5ドアとワゴンを用意。

フォード フォーカス
フォード・フォーカスのサイドビュー

なお、フォードは、2021年末までに欧州で販売される電動化車のラインナップを、マイルドハイブリッド、フルハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリー電気自動車を含む18車種まで拡大する計画としています。

(塚田勝弘)

『フォード』の最新記事
Aviar R67_008
古き良きアメリカンマッスルが復活!? レトロなマスタングを再現したEVカスタム
フォード マッハE 1400_007
市販化も視野!? フォード「マスタング・マッハE 1400」世界初公開! 圧倒的な性能を誇るハードコアEVレーサー
フォード マスタング マッハE
マスタング初のEV「フォード・マスタング マッハE」は、クラウド上で航続距離を正確に予測できる!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事