トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に、モデリスタ仕様が新たにラインナップ

モデリスタ KINTO ONE

■新型ハリアー、アルファード&ヴェルファイア、ランドクルーザーの4台から開始

CMでもお馴染みの、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」は年々車種が増えていて、気になっている方も多いはず。

「KINTO ONE」は、月々定額でトヨタ、レクサスの新車に乗れるサブスクです。頭金不要で、任意保険、メンテナンス、自動車税、車検がコミコミとなっています。毎月決まった金額になるので支出の計算がしやすい利点があります。CMを見た方なら感じると思いますが、若いユーザーに新たな愛車との付き合い方を提案しているものといえます。

モデリスタ KINTO ONE
サブスクリプションサービス「KINTO ONE」に加わった新型ハリアー

2020年6月17日、「モデリスタ」を展開するトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、「モデリスタ」パーツをKINTOが展開するクルマのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に提供を開始したと発表しました。

ユーザーは、いわゆるノーマルのトヨタ、レクサス車だけでなく、「モデリスタ」仕様も「KINTO ONE」のサブスクで利用できることになります。

●契約期間は3年・5年・7年から選択可能

同日時点で「KINTO ONE」におけるモデリスタパーツ取り扱い対象車種は、新型ハリアー、アルファード、ヴェルファイア、ランドクルーザーの4モデル。

各車種で人気のエアロパーツを装着したモデリスタバージョンを、任意保険や自動車税などの諸経費がコミコミの月額定額で、3年/5年/7年の契約期間から選ぶことができます。

モデリスタ KINTO ONE
KINTO ONEに加わったモデリスタ仕様のヴェルファイア

各モデルの仕様をチェックしてみましょう。

新型ハリアーはガソリン車の「Z」をベースに「MODELLISTA エアロパーツセット(GRAN BLAZE STYLE/LED 付)」を装着。フロントスポイラー(LED 付)、サイドスカート、リヤスタイリングキット(リヤスカート+マフラーカッター) が用意されます。

モデリスタ KINTO ONE
KINTO ONEに加わったモデリスタ仕様のアルファード

アルファードはガソリンモデルの「S」の特別仕様車「S“TYPE GOLD”」に「MODELLISTA エアロキットIV for“TYPE GOLD”」を装備。装着されるパーツはフロントスポイラー(スモークメッキ)、サイドスカート(スモークメッキ)、リヤスタイリングキットBのリヤスカート(スモークメッキ)+マフラーカッターになります。

ヴェルファイアは同じくガソリン仕様「Z」の特別仕様車「Z“GOLDEN EYES”」がベースで、「MODELLISTA エアロキットIV for“GOLDEN EYES”」を装着。装着パーツはフロントスポイラー、サイドスカート(スモークメッキ)、リヤスタイリングキットBのリヤスカート(スモークメッキ)+マフラーカッターになります。

モデリスタ KINTO ONE
KINTO ONEに加わったランドクルーザーのモデリスタ仕様

ランドクルーザーは「ZX」に「MODELLISTA エアロキット」としてフロントスポイラー、リヤスカートが装着されます。

「KINTO ONE」でのモデリスタバージョンのスタートにより、気軽にモデリスタパーツによるドレスアップを楽しむことが可能になっています。モデリスタ仕様に毎月コミコミの定額に乗れる選択肢が加わったのは朗報です。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

「KINTO ONE」モデリスタ専用ページ
https://kinto-jp.com/kinto_one/modellista/

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ・スペイド
トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】
トヨタ
高齢ドライバーなどのペダル踏み間違いを防止!急加速事故を抑制する後付けシステム「踏み間違い加速抑制システムⅡ」をトヨタが発売開始
トヨタ ライズと生田ちむさん
売れまくりの「トヨタ ライズ」をレースクイーンの生田ちむちゃんとチェック!
トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーに市販8インチカーナビが装着できる取り付けキットが登場
トヨタ タウンエース
タウンエースが一部改良。「スマアシ」&新開発の1.5Lエンジンを搭載
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事