2020年夏頃発売予定。レクサスLCコンバーチブルのティザーサイトがオープン

■目指したのは「世界一美しいコンバーチブル」

レクサスは、2019年のロサンゼルスオートショーで初公開された「LC500 コンバーチブル」のティザーサイトをオープンしました。

2020年夏頃を予定とアナウンス済みで、新型コロナウイルスでスケジュール通りになるのかは不明ですが、同サイトのオープンにより間もなく発売されると考えてよさそう。

レクサスLCらしい挑戦的なデザインでありながら、同ブランドの初ソフトトップルーフが採用され、エレガントな佇まいになっています。

レクサスLC500コンバーチブル
レクサスLC500コンバーチブルの前後ビュー

ティザーサイトでは、同コンバーチブルの特徴をはじめ、武藤康史チーフデザイナーのインタビューなどが掲載されています。

同氏は、LC500コンバーチブルで「実現したかったことは、クルマと人が一体となり、季節や時の移ろいを五感で味わっていただくこと」と語っています。目指したのは「世界一美しいコンバーチブル」だそうです。

レクサスLC500コンバーチブル
レクサスLC500コンバーチブルのリヤビュー

世界一美しいかどうかは、個人の好みにより左右されますが、コンバーチブルでカッコ悪いのでは誰も振り返ってくれないはずで、その意気は当然必要といえるかもしれません。

近年のコンバーチブルで思わず振り返ってしまうエレガントさを醸し出していたのは、アウディA4カブリオレ、アウディA5カブリオレでしょうか。クーペのレクサスLCは、とくにリヤスタイルが印象的なので、コンバーチブル化されたことで、どれだけ「バックシャン」といえるモデルに仕上がっているのか楽しみです。

■多彩なカラーが揃うボディカラー

デザインコンシャスであるコンバーチブルですので、ボディカラーも気になるところ。

設定されるのは、「ホワイトノーヴァガラスフレーク」「ダークグレーマイカ」「ソニックシルバー」「ブラック」「グラファイトブラックガラスフレーク」「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」「テレーンカーキマイカメタリック」「ディープブルーマイカ」の全11色です。

レクサスLC500コンバーチブル
写真は「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」

先行サイトではブラックルーフとのコントラストもチェックできます。これだけ個性的で多彩なカラーが揃っていますから、選ぶ方もかなり迷いそう。

レクサスLC500コンバーチブル
こちらは「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」

また、レクサスらしく静粛性の向上も図られているそう。同ティザーサイトでは「エンジンなどのこもり音を低減するために、通常はルーフに取り付けるノイズを把握するシステムをヘッドレストに内蔵した」ことで、心地よいV8エンジンサウンドをオープンエアで楽しめるそうです。

レクサスLC500コンバーチブル
レクサスLC500は同ブランド初のソフトトップになる

また、ソフトトップの開閉は15秒(オープン15秒、クローズ16秒)というクラストップレベルの速さだけでなく、ゆっくり動き出して最後にゆっくりと終えるという、襖の開け閉めのような日本的な所作を大事にしたそう。

レクサスLC500コンバーチブル気になる方は、必見のティザーサイトになっています。なお、ボディサイズは、全長4760×全幅1920×全高1350mmとアナウンスされています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

レクサスLC500コンバーチブル・ティザーサイト
https://lexus.jp/models/lc/teaser/

『LEXUS』の最新記事
レクサスNX
新型レクサスNXのプラグインハイブリッドは、前後2モーターに総電力量18.1kWhのバッテリーによりクラストップレベルのEV航続距離を実現
レクサスLS
松山英樹選手のマスターズ初制覇を記念したレクサスの特別限定車がLS、LC、RXに設定
レクサスNX
レクサスNXがフルモデルチェンジ。流行の横一文字リヤコンビランプを採用
新型レクサス「NX」がいよいよワールドプレミア! 刷新された前後意匠を先行公開
レクサス
レクサスが2021年にブランド初のPHEV、2022年にEV専用モデルを投入へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事