マセラティが新型レーシングカー「MC20」の写真を公開。かつての名車と3ショット

■故スターリング・モスに敬意を表した、MC12の進化形

マセラティは、新型レーシングモデル「マセラティMC20 プロトタイプ」の写真(第2弾)を公開しました。

同モデルは、2020年5月にモデナで発表される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で同年9月の発売予定に延期されています。そのため現在もカモフラージュされた状態で、まだ全容は明らかにされていません。

マセラティ MC20
カモフラージュされた新型レーシングモデルの「MC20」

今回公開された写真には、“無冠の帝王”ともいわれ、4月12日に亡くなったサー・スターリング・クロフォード・モスに敬意を払い「マセラティ・エルドラド」「250F」、MC20のプロトタイプの3台が映っています。

スターリング・モスは、F1ではマセラティ、メルセデス、ロータスのほかプライベートチームからも出場しています。F1は66戦中16勝を挙げたもののワールドチャンピオンの獲得は叶わず、年間成績は2位が4度、3位は3度と、まさに「シルバーコレクター」といえる戦績を挙げました。

マセラティ MC20
奥の白いボディが「エルドラド」。手前の赤いボディが「250F」

コンセプトカーの「MC20」と並べて映されている「マセラティ・エルドラド」は、1958年のモンツァでデビューしたシングルシーターのレーシングカーで、アイスクリーム・メーカーのエルドラドがスポンサーになっています。MC20のプロトタイプは同モデルをデザインモチーフとしているそう。

マセラティ
手前から「MC20」、中央が「250F」、奥が「エルドラド」

もう1台の「250F」は、スターリング・モスが1956年のF1モナコグランプリで駆ったモデルで、ポール・トゥ・ウィンを収めた記念すべきモデル。なお、同レースでは、同じ「250F」に乗るフランス人ドライバーのジャン・ベーラが3位入賞も果たし、1位、3位を占めています。

マセラティ MC20
マセラティMC20

新型スーパースポーツカーの「MC20」は、マセラティが100%自社設計・開発・生産をする新しいエンジンを初めて採用するマシンで、2004年にマセラティが37年ぶりにレース界に復帰を果たした「MC12」の進化形としています。

マセラティは、同モデルで再びレース界に復帰するとアナウンスしています。

(塚田勝弘)

『マセラティ』の最新記事
マセラティ
マセラティのギブリ/レヴァンテ/クワトロポルテの3モデルに特別限定車の「ロイヤル・エディション」を設定【新車】
マセラティ ギブリ
3.0L V6ディーゼルターボを積む「ギブリ・ディーゼル・ファイナル・エディション」を950万円で、24台日本に導入【新車】
マセラティMC20_001
マセラティのレーシングDNAを受け継いだ新型スーパースポーツカー・MC20が登場【新車・マセラティMC20】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事