「火星からオーダー入りました〜」に対しマセラティ・グレカーレを「フォーリセリエ」でカスタマイズした「グレカーレ・ミッション・フロム・マース」お披露目

■ただでさえ個性的なマセラティを1台だけに仕上げるフォーリセリエ

プレゼンするマセラティ ジャパン株式会社 代表取締役 木村隆之氏
プレゼンするマセラティ ジャパン株式会社 代表取締役 木村隆之氏

クルマ好きなら誰しも、自分だけの特別な一台を所有したいと思ったことがあるでしょう。

「マセラティに火星から特別な注文が入ったら?」と「もしもの世界」さえ実現可能なように表現するため、火星をモチーフにした特別仕様車「グレカーレ・ミッション・フロム・マース」が日本でお披露目されました。

マセラティのカスタマイズプログラム「フォーリセリエ」を使えば、ユーザーの希望にあったコンセプトでいくらでも自由に個性とクリエイティビティが表現可能になる、ということを表したかったコンセプトカーというわけです。ちなみに販売はされません。

グレカーレ・ミッション・フロム・マース
グレカーレ・ミッション・フロム・マース

マセラティのSUV「グレカーレ」をベースに、「火星からのオーダー」への対応は、火星の赤い砂と酸化した岩の組み合わせを全体の特徴とし、ボディ外観は鉱物性の砂を思わせる特殊な質感のメタリックカラーで塗装され、腐食金属をイメージしたデザインを車内、車外パーツに使用しています。

グレカーレ・ミッション・フロム・マース
グレカーレ・ミッション・フロム・マースのインスツルメントパネル

そのため、外観は、フォーリセリエ特有の多層式カラー、ギャラクティックオレンジ(Galactic Orange) で塗装。未来感の強いマットカラーに近いオレンジレッドの塗料に、溶けた金属を思わせる輝きを重ねることにより、滑らかなカラーを実現。

本来は、専用の渦巻き型ホイールが装備しているそうですが、今回の日本でのお披露目には残念ながら間に合わなかったのだそう。さらにタイヤも灰色として、火星をイメ ージしたのだそうです。

グレカーレ・ミッション・フロム・マース
マセラティのトライデントマーク

エンブレム類もフォーリセリエ専用です。リアピラーに配置されたトライデント(マセラティの象徴であるギリシア神話のポセイドンが持つとされる三叉の矛)をボディと一体化。2D(平面)のような見せ方を演出し、通常より大きい印象を与えます。

トライデントのデザインは、宇宙からの電波や光波などをシンボラ イズに描き、ハイスピードな動きを彷彿とさせるものとしました。

グレカーレ・ミッション・フロム・マース
グレカーレ・ミッション・フロム・マースのルーフ内側にある星図

グレカーレ ミッション フロム マースは、マセラティ史上最大の12.3インチスクリーンをタップするだけで、他の惑星へ航行することも可能となるかもしれません。その時のために、車内の天井には、特別な「星図」が用意されています。

グレカーレ・ミッション・フロム・マース
グレカーレ・ミッション・フロム・マースのフロントシート
グレカーレ・ミッション・フロム・マース
グレカーレ・ミッション・フロム・マースのリヤシート

シートは、火星で発生する電気の流れのイメージと、宇宙飛行士の宇宙服と、最新のファッショントレンドをバランスよく組み合わせており、クラフトマンシップと革新の両者を表現。

単純なグラフィックにとどまらず、カラーと素材のディテールを追求することで、マセラティの特徴的なスタイルとして具現化するという成果を示しました。

マセラティ・フォーリセリエ・プログラムでは古き好き時代を味わうコルセと、未来を予感させるフトゥーラに大別される
マセラティ・フォーリセリエ・プログラムのオーダー可能スケジュール

と、難しい表現も多々ありますが、フォーリセリエなら、とにかく個性的な唯一無二のあなただけのマセラティができるというわけです。

現在のラインアップは、この「グレカーレ」の他に、フラッグシップの「クアトロポルテ」、スポーツセダン「ギブリ」、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」、そしてスーパースポーツカーのMC20となっており、いずれもフォーリセリエの対象となっています。

マセラティという個性的なキャラクターを、さらに自分だけの一台に仕上げるフォーリセリエ。マセラティを選ぶ人ならとても気になるメニューと言えるのではないでしょうか。

(文・写真:小林和久)

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。