ミドルサイズSUV・チェロキーにお馴染みの限定車「Night Eagle」を設定【新車】

■限定車専用色「グラナイトクリスタルメタリック」をまとう

数多くの限定車をリリースしているFCAジャパン。中でも「フィアット」「ジープ」ブランドは限定車・特別仕様車が多い印象で、ほかの同車種とは異なった個性が味わえるのが魅力です。

せっかく個性やブランドを楽しめる輸入車を選択したのに、隣に停まったモデルとまったく同じはなんだか嫌、という気持ちに応えてくれるでしょう。

ジープ チェロキー コンパス レネゲード
ジープ・チェロキー(左)、ジープ・レネゲード(中央)、ジープ・コンパス(右)に設定された「ナイトイーグル」

FCAジャパンは、「ジープ」ブランドのミドルサイズSUV「Cherokee(チェロキー)」、コンパクトSUVの「Compass(コンパス)」「Renegade(レネゲード)」に、過去にも何度か販売されているお馴染みの限定車「Night Eagle(ナイトイーグル)」が今年も設定され、2020年5月9日から販売すると発表しました。販売台数は各200台です。

ジープ ナイトイーグル
カタログモデルには未設定のブラックのボディカラーが存在感を発揮する

ここで紹介する「チェロキー・ナイトイーグル」は、LEDヘッドライトやレザーシート、充実した安全装備を備えた「ロンジチュード」(2.4L直列4気筒エンジン搭載車)がベース。フォグランプベゼルやウインドウモールディング、ルーフレールをブラックで仕上げることで、統一感のあるエクステリアになっています。

ボディカラーは、ベース車には設定されていない「グラナイトクリスタルメタリック」を採用。価格はベース車の449万円に対して、上記の装備を用意しながら452万円と、買い得感のある設定になっています。

ジープ ナイトイーグル
足元は18インチアルミホイール、225/55R18タイヤを履く

ボディサイズは、全長4665mm×全幅1860mm×全高1700mmで、先述したように2.4Lエンジンに9ATの組み合わせ。なお、ガソリンはレギュラーを指定します。駆動方式は、オンデマンド式の4WDで、「AUTO」「SNOW」「SPORT」「SAND/MUD」から路面状態や走行シーンに合わせて選べる「セレクテレインシステム」を用意。

ジープ チェロキー ナイトイーグル
路面状態や走行シーンに合わせて選べる「セレクテレインシステム」を搭載

ほかにも、パドルシフトやストップ&ゴー付のアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター/リヤクロスパスディテクション、ParkSense 縦列/並列パークアシストなどの安全、ドライバー支援システムが用意されています。

ジープ チェロキー ナイトイーグル
ピアノブラックのアクセントが配されたインパネ

ミドルサイズのチェロキーであれば大人4人でのロングドライブや、家族でオートキャンプなどの趣味を楽しむ際にも高い積載性で応えてくれす。なお、通常時の荷室容量は399Lと同クラスではやや小さく感じますが、6対4分割可倒式の後席はスライドも可能なので、荷物が多い時の対応力も十分に備わっています。

(塚田勝弘)

【スペック】Jeep Cherokee Night Eagle

●全長×全幅×全高:4665×1860×1700mm
●ホイールベース:2700mm
●タイヤサイズ:225/55R18
●最低地上高:180mm
●車両重量:1760kg
●最高出力:177ps/6400rpm
●最大トルク:23.4kgm/3900rpm
●車両本体価格:449万円

 

『ジープ』の最新記事
ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲードに特別色の「スレートブルー・パールコート」と19インチホイールを履く特別仕様車が登場【新車】
ジープ初のプラグインハイブリッド「New Jeep Renegade 4xe」が今秋日本上陸へ
迫力あるエクステリアと専用ボディカラーが設定されたジープ「グランドチェロキー S-Limited」【新車】
ジープ・レネゲード
人気SUVのジープ・レネゲードに個人向けカーリース「ジープ フラット ライド」が初設定
ジープ・ラングラー
タンのソフトトップ、バケットシートを備えたジープ・ラングラーの「ブラック&タン」が限定で登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事