フォルクスワーゲンのGTEシステムを移植。シュコダ コディアック初の大幅改良を実施

■1.4リットル直列4気筒TSIエンジンと電気モーターにより218馬力を発揮

チェコの自動車メーカー・コディアック初のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、「コディアック」の改良型プロトタイプをカメラが捉えました

シュコダ コディアック_001
シュコダ コディアック 改良型プロトタイプ

コディアックは2016年パリモーターショーで公式デビュー。2017年からデリバリーが開始されています。

ダミーパーツを装着している可能性もあり断言はできませんが、初のフェイスリフトではグリルの形状、マトリクスLEDヘッドライト、及びテールライトのグラフィックが刷新される可能性が高いようです。またフロントバンパーは、よりアグレッシブなデザインが採用されているのが見てとれます。

シュコダ コディアック_008
シュコダ コディアック 改良型プロトタイプ

試作車が牽引しているトレーラーは、ダイナモメーターのようです。先日スクープしたアストンマーティン「DBX」が牽引していた機材と同じものです。エンジン単体の性能を測定する計測設備で、プロトタイプではエンジンの出力を吸収し反力からトルクの計測などを行うものです。その仮定が正しければ、コディアックは新らたなパワートレインをテストしていたことを意味します。

恐らくVW『パサート』改良型に搭載された2.0リットル直列4気筒TDI  Evoを手に入れると予想されるほか、VWのプラグインハイブリッドシステム「GTE」の搭載も濃厚で、1.4リットル直列4気筒TSIエンジンと電気モーターが合わされます。

GTEは13.0kWhのバッテリーパックを積み、エンジン最高出力は156ps・モーター最高出力は116psを発揮し、システム合計218psを発揮するものです。トランスミッションは6速DSGでEV走行34マイル(55km)の航続となるでしょう。

コロナウィルスの影響によりワールドプレミアは未確定ですが、2020年内のオンラインデビューは濃厚といえそうです。

(APOLLO)