日本から持ち込んだチューニングKカーで台湾のサーキットを走るチャンス!

PacificK4_LIHPAO-CIRCUIT

■チューンド軽自動車の速さを見せつけ、台湾のスーパーカーユーザーと交流しよう

世界に誇る、日本独自のカテゴリーといえば「軽自動車」です。といっても、軽自動車と聞くと近所を走るだけの足車なんて思っていないでしょうか? たしかにそうした面もありますが、軽さや誰もが扱いやすいパワー感といった部分を活かしたグラスルーツ系モータースポーツでも愛されているのが軽自動車です。

全国各地でチューニングした軽自動車を使ったモータースポーツは開催されています。さらに海外でもセパンサーキットでは軽自動車ベースの24時間耐久が開催されるなどグローバルにチューンドKカーの輪は広がっています。

そして、あらたにチューンドKカーの魅力が台湾にも伝わることになりました。日本からチューンドKカーを持ち込み、台湾唯一の本格サーキット「リーパオサーキット」で8時間耐久を開催するという計画が発表されたのです。

PacificK4_LIHPAO-CIRCUIT
リーパオサーキットは、複合施設「リーパオランド」内にある台湾唯一の本格サーキット。コース全長は約3.5 km

開催日程は2020年11月22日~23日の2日間。イベント名称は「Pacific K4(パシフィック ケーフォー)」となっています。

募集台数は24台で、エントリー料金は車両運搬代(横浜港~台湾への船便)を含んで、50万円となっています。そのほか、チームスタッフの交通費や宿泊代は必要となりますが、日本で走り込んで仕上げた自慢のチューンドKカーで台湾の本格サーキットを走れるというのは貴重な機会ではないでしょうか。

なお、2日間のスケジュールとしては11月22日には50分のミニ耐久を2回、11月23日には8時間耐久(1時間のお昼休みあり)を予定しているということです。申し込み期間は2020年5月1日~2020年6月30日となっています。

PacificK4_LIHPAO-CIRCUIT
日本から軽自動車のレーシング仕様を持ち込んで台湾のユーザーと交流しよう

ちなみに台湾では軽自動車は走っていません。今回のイベントでは、台湾のユーザーにチューンドKカーの体験同乗走行を予定しているということですが、普段はスーパーカーでサーキットを楽しんでいるようなユーザーが、リトルダイナマイトの走りに、どんな顔をするのでしょうか。

日本側事務局の代表を務める飯田則之さんは軽自動車の耐久イベントの参加歴も長いベテランで、そうした経験を活かして今回のイベントを企画したといいます。飯田さんからは「新型コロナウィルスの影響でイベントは全て自粛ムードで、オリンピックも延期になりました。実際に開催できるかはコロナの終息時期次第ですが、希望を持って準備を進めていきたいと思っています」と力強いコメントが届きました。

PacificK4_LIHPAO-CIRCUIT
開催日程は2020年11月22日~23日。1日目には50分のミニ耐久を2回、2日目に8時間耐久(1時間のお昼休みあり)を予定

軽自動車でなくとも、台湾のサーキットを走る機会は超レア。「Pacific K4」、非常に楽しみなイベントといえそうです。

(文:山本晋也 画像提供:Pacific K4事務局)

【関連リンク】

Pacific K4ホームページ
http://pacific-k4.com/

『モータースポーツ』の最新記事
国内でもいよいよレース再開! 5月30日に全日本EV選手権が開幕
F1速報
創刊30周年メモリアルブックが激アツ! 今まで明かされることのなかった当時の苦労とは?【F1速報の30年】
e-Nürburgring Race
SUBARUとTOYOTA GAZOO Racingが5月24日にオンラインイベント「e-Nürburgring Race」を共催
GTSPORT Redbull #BeatThePro SF TimeAttack
スーパーフォーミュラのトップドライバーはeスポーツ「Red bull #BeatThePro 」でも激速!
DIXCELがスポンサードするDXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D
DIXCELの大英断! 競技選手へのスカラシップの有効期限を1年延長
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事