ホンダのアドベンチャー系スクーター「ADV150」は新しい価値を生み出すか【週刊クルマのミライ】

●ホンダADV150、けっして安くはない軽二輪スクーターが好調なスタートを切った

2020年2月14日の発売を前に4000台もの事前受注を集めたというホンダの新型スクーターが「ADV150」です。年間の販売計画が3000台ですから、かなりの好スタートを切ったといえます。

ロングストロークのサスペンション、専用デザインのブロックタイヤがアウトドアへ誘うアドベンチャースタイルは、四輪車でいうとクロスオーバーSUVといえるもので、たしかにこれまでにない軽二輪スクーターといえます。

ADV150
Honda ADV150 メーカー希望小売価格:451,000円(消費税10%込)。ボディカラーはマットメテオライトブラウンメタリック/マットガンパウダーブラックメタリック/ゲイエティーレッドの3色をラインナップ

ADV150は名前からもわかるように排気量149ccの水冷エンジンを積んでいます。つまり高速道路を走ることができるスクーターです。2段階の高さ調整が可能なスクリーンは市街地から高速までシチュエーションにワンタッチで合わせることができるのも特徴です。フロントにABSを備えているのはスリッピーな路面での安心感にもつながります。

ADV150POWERTRAIN
幅の太いリヤタイヤ(130/70-13)を装着するためエンジン・駆動系をオフセットしてスペースを稼ぎ出した。水冷・単気筒エンジンはビート感のあるエキゾーストノートも魅力

コンパクトなボディで市街地での取り回しもよく、いざとなれば高速道路も走れる150ccクラスの軽二輪スクーターは、このところシェアを拡大しているカテゴリーですが、さらに流行の最先端といえるアドベンチャースタイルなのですから、人気を博すことは当然といえるかもしれません。

しかし、ADV150は付加価値の高いモデルでお値段的にも同クラスにおいて手頃というわけではありません。たとえば、同じホンダの150ccクラスの軽二輪スクーター「PCX150(ABS)」のメーカー希望小売価格は402,600円です。ADV150は5万円近く高価になっているのです。比率でいうと1割以上高いのです。

PCX150
Honda PCX150 メーカー希望小売価格:380,600円~405,900円(消費税10%込)。写真はマットイオンブルーメタリック(受注期間限定モデル)

とはいえ、四輪的な感覚でいえば、クロスオーバーSUVで1割程度の価格上昇をするというのは当然という感覚にもなります。ホンダ・フィットには5つのスタイルがありますが、スタンダードなBASICグレード(ガソリン・FF 1,557,600円)に対してクロスオーバースタイルのCROSSTARグレード(ガソリン・FF 1,938,200円)となっています。

装備面での違いもあるので、フィットの価格差がスタイルだけによるものとはいえませんが、この違いをみるとアドベンチャースタイルのADV150の価格は適正で、むしろリーズナブルに感じます。そうしたお買得感があるからこそ、販売好調なのでしょう。

付加価値を市場が評価して、そこにエクストラコストを支払うとなれば、そこに魅力的な商品が増えてくるのは資本主義の基本です。四輪において各社からクロスオーバーSUVが登場してきたムーブメントには、そうした背景があります。ならば、スクーター市場においても同様にアドベンチャースタイルのモデルが増えてくるかもしれません。

「あのときADV150がデビューしたのがきっかけだったなあ」と話す未来は訪れるのでしょうか。

ADV150FRAME
ADV150のフレームはオーソドックスなダブルクレードル。シートレール後端のクロスメンバー強度を上げることでトップボックスのオプション装着を可能とした

(自動車コラムニスト・山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
Mei Cai GM Research & Development Battery Lab
ホンダとコラボするGM、電動化の開発費がエンジンを上回ると発表【週刊クルマのミライ】
Honda_N-ONE_RS
軽自動車初のFF+ターボ+6MT、ホンダN-ONE RSのトランスミッションはチューニングに課題があるかも【週刊クルマのミライ】
ホンダ・レジェンド
クラウン、レジェンド、MAZDA6 …2020年11月は国産セダンのターニングポイント【週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事