日産・ジュークの兄弟車をルーマニアで発見! ダチア・サンデロ次期型、ハイテクコックピットが自慢

■「サンデロ」「ロガン」 で共有されるブランド最新のスタイルキューを保持

ルーマニアのメーカー「ダチア」が販売する、クロスオーバーSUV「サンデロ ステップウェイ」の次世代型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ダチア サンデロ_003
ダチア サンデロ ステップウェイ 次期型プロトタイプ

サンデロは初代が2008年に発売、ロシア、南アフリカ、南米市場では、ルノー・サンデロとして販売されており、ルノー史上初の欧州市場以外での発売モデルとなりました。今回捉えた「サンデロ ステップウェイ」は、2008年から設定されているサンデロのクロスオーバーSUVで、2012年には現行型となる第2世代が登場しています。

ダチア サンデロ_010
ダチア サンデロ ステップウェイ 次期型プロトタイプ

初めて捉えたコックピットには、再設計されたダッシュボードパネルの上に新しい独立式スタンドインフォテイメントシステムを搭載、新設計のステアリングホイールも見てとれます。

エクステリアのカモフラージュは厳重ですが、新世代の「サンデロ」「ロガン」で共有されるブランド最新のスタイルキューを保持、フロントエンドではよりシャープなヘッドライトやクラムシェルフードが見てとれます。サイドでは、より高くて顕著なベルトライン、ホイールアーチ、サイドシルを装備、ルーフレールがクロスオーバーデザインを際立たせています。

次世代型のアーキテクチャには、サンデロ同様に日産「ジューク」、ルノー「クリオ」などと「CMF-B」プラットフォームを共有、兄弟車となります。

ダチア サンデロ_007
ダチア サンデロ ステップウェイ 次期型プロトタイプ

パワートレインは、現行モデルに設定されている0.9リットルの代わりに、ルノー製1.0リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力100psを発揮します。さらに最高出力115psを発揮する新開発1.3リットル直列4気筒TCeターボ、最高出力95psを発揮する1.5リットルBlue dCiターボディーゼルなどのラインアップが予想されます。

サンデロには、遅れてハイブリッドモデルの追加設定が濃厚とされていますが、ステップウェイにも設定されるはずです。ワールドプレミアは、2020年後半とみられます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?