バモス、水中メガネ、ロータリー…あの頃は良かった!【昭和平成のクラシックカーフェスティバル・ホンダ/マツダ】

■現代のクルマからは失われた魅力が旧車にはある!

●昭和平成のクラシックカーフェスティバルinキャッセ羽生

昭和平成のクラシックカーフェスティバルでは、主催クラブにホンダ車が多いこともあって、通常の旧車イベントよりも多くホンダ車が集まったようです。

こちらはホンダ初の乗用車、Sシリーズの最終モデルS800です。純正でも低い車高をさらに下げているようです。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

ホンダが初めて発売したセダンモデルが軽自動車でFF方式を採用するN360でした。空冷2気筒エンジンはオートバイから流用したものです。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

N360をベースにクーペモデルとして1970年に発売されたのがZ360です。こちらは希少な前期の空冷モデルで、1971年からはライフベースの水冷モデルになります。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

N360の後継モデルとして水冷エンジンを採用して1971年に発売された初代ライフです。ホンダ初の4ドアモデルでもありました。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

こちらも初代ライフですが、純正スチールホイールを履くノーマル状態を維持してます。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

ライフをベースに背の高いバンスタイルとした商用車のステップバンです。全塗装してアルミホイールを履かせています。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

軽トラックのTN360をベースに、ドアも屋根もないレジャースタイルを取り入れたバモスホンダです。こちらは荷台まで覆うフルホロタイプです。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

超絶的に珍しいアクティをベースに1994年に発売されたクローラです。後4輪としたうえでキャタビラーを装備する悪路専用車でした。こちらはキャタピラーを外して荷台に展示されていました。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

昭和平成のクルマが対象ですので、1991年発売のビートも展示可能です。こちらは真紅のボディがキレイなまま純正を保っています。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

今回はマツダ車が少なく、寂しかったというのが正直なところです。なかでも2台並んでいた2代目コスモは、佐野のイベントに続いて今回も参加されていました。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

佐野のイベントでも展示されていましたが、今回は別の個体が参加していたカペラ・ロータリークーペです。こちらは現在のオーナーが30年も所有され、40万キロ近くも走っています。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

近年中古車相場が上がり続けているユーノス・ロードスターです。今回は2台展示されていましたが、やはりNAロードスターといえば赤いボディカラーです。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル
昭和平成のクラシックカーフェスティバル

(文と写真:増田満)

【関連記事】
コペンとAZ-1もお出迎え!記憶に残る旧車が大集合【昭和平成のクラシックカーフェスティバル・会場/トヨタ】
https://clicccar.com/2020/03/11/961464/

旧車の花形といえばやっぱりスカイライン!【昭和平成のクラシックカーフェスティバル・日産】
https://clicccar.com/2020/03/12/961652/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事