無限パーツを装着すれば、新型フィットがホットハッチに生まれ変わる

mugen_GR_FIT

■「ダッシュ」と「スキップ」、ふたつのテイストでワークスチューニングを提案する

新型フィットにはマニュアルトランスミッションの設定がなくなりました。とはいえ、実際にドライブしてみるとわかるのですが、新しいハイブリッドの走りは想像以上にダイレクト感にあふれていて、キビキビとしたハンドリングも味わえます。ルックスが癒し系というだけで、走りのDNAもしっかりと受け継いでいます。

そんな新型フィットにワークスチューナーである無限は「LIFE IS SPORT」をコンセプトに2タイプのエアロパーツ、スポーツサイレンサー、アルミホイールなどのカスタマイズパーツを用意しています。

mugen_GR_FIT
ウイングスポイラーは7万3700円。シングルタイプのスポーツサイレンサーは9万3500円

2種類のエアロパーツはそれぞれ「Dash」「Skip」と名付けられました。ここで紹介している2台のデモカーでいえば、赤いボディが「Dash」、白いボディが「Skip」です。

「Dash」がイメージしているのは駆け抜けるアクティブさ、「Skip」は弾むように楽しむイメージです。

mugen_GR_FIT
ドライカーボン製のフロントグリルガーニッシュ。8万2500円
mugen_GR_FIT
ABS製のウイングスポイラー。カラード仕上げで7万3700円

Dashのスタイリングにおける特徴はレーシングテクノロジー由来のドライカーボン製ガーニッシュをアクセントとして用いていること。フロントアンダースポイラーもフォグランプベゼルを囲うような形状でワイド&ローを強調します。

リアアンダースポイラーもディフューザー形状をモチーフとしたもので、ストレートに速さを表現したアピアランスとなっています。いってみれば古典的なホットハッチ・スタイルです。

mugen_GR_FIT
スタイリングセットやユーティリティセットなど無限パーツテンコ盛りの「Skip」仕様。パーツ代と車両価格の合計で316万1400円だ

Skip仕様は控えめな前後アンダースポイラーにより、スマートなスタイルに仕上げるというもので、サイドスポイラーもアンダースポイラーに合わせた形状となっています。こちらは、新型フィットのNESSグレードが表現するカジュアルスポーツのノリをさらに広げるテイストといえるでしょう。

機能性アイテムとしては保安基準に適合したスポーツサイレンサーのほか、ブレーキローター、ブレーキパッド、マイクロメッシュブレーキラインの制動系チューンがメイン。アルミホイールはインチアップサイズの17インチを設定しています。

mugen_GR_FIT
新デザインのアルミホイール「MDE」。サイズは17×7 インセット60、4本セット価格は21万5600円。推奨タイヤサイズは205/40R17
mugen_GR_FIT
デュアルタイプのスポーツサイレンサー(保安基準適合マフラー)も用意。9万3500円
mugen_GR_FIT
ロゴ入りスポーツマットは2万3100円、塩ビ製スカッフプレートは1万5400円

無限パーツのラインナップで特徴的なのは、単品購入よりもオトクになるカスタマイズセットを多数用意していること。

スタイリングセットはDash(18万7000円)とSkip(16万7200円)を用意。そのほかエアアウトレットをモチーフとしたボディデカールセット(2万4200円)、換気能力にすぐれたベンチレーテッドバイザーとマットを合わせたスタンダードセット(4万7300円)も設定されています。

ドアハンドルプロテクターやドアリフレクションフィルム、スカッフプレート、ハイドロフィリックLEDミラー、エンジンスタートスイッチ、ドアインナープロテクターの6点を合わせたユーティリティセットは9万1300円です。

mugen_GR_FIT
ヘッドライトの光に無限のロゴが反射するドアリフレクションフィルム。1万6500円

(自動車コラムニスト・山本晋也)

『ホンダ・フィット』の最新記事
ホンダ フィット F1
新型フィットの走りには、ホンダF1のハイブリッドユニットのノウハウが活かされている
フィットダッシュボード2
目の前のダッシュボードが「新型フィットはやっぱりホンダ車だ」と感じさせたワケは?【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット NESSの走り
2020年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞はこのクルマで間違いない!?走りの質感はクラスナンバー1(吉川賢一)【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット e:HEV LUXEの走り
セカンドカーなら純ガソリン車で十分、アクティブに乗るならハイブリッド車を!(佐藤久実)【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット NESSの走り
初代シティに通じる新型の存在感!走りはファミリー志向へ変身したが本質は不変(諸星陽一)【ホンダ・フィット試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事