歴代初の本革内装を採用した、新型フィット「LUXE」【新型フィット リュクス】

●ラグジュアリーかつボリュームあるシート

フィット リュクス
フィット リュクス

標準モデルであるベーシックを中心としつつ、そこから派生する形で4つの異なる内外装テイストを持つモデルを展開する新型フィット。

フィット リュクス
プラチナ調クロームメッキパーツを効果的に配置

今回紹介するのは豪華な内外装を持つリュクス(LUXE)です。モデル名はラグジュアリー(LUXURY)の頭文字を元に作られた名前です。

フィット リュクス

リュクスでは専用の細いスポークが魅力的な16インチのホイールとタイヤを標準装着しています。

フィット リュクス
細かいスポークのアルミホイールは専用。16インチタイヤを組み合わせる

インテリアでの注目は、歴代フィットで初となる本革シートの設定です。

フィット リュクス
インテリアカラーはブラックとブラウンで構成しています

ブラックとブラウンのコンビとなるこのシート、フロントシートは形状自体も異なる完全専用タイプとなっています。

フィット リュクス
専用デザインのシート

注目なのは前席の背面までブラウンのレザーがたっぷりと使われていること。

フィット リュクス
シート背面まで革をまとっています

ヘッドレストに関しても、見える範囲は全周にわたってブラウンレザーとなっていて高級感が高くなっています。

フィット リュクス
後席も立体的で高級

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ・フィット』の最新記事
ホンダ フィット F1
新型フィットの走りには、ホンダF1のハイブリッドユニットのノウハウが活かされている
フィットダッシュボード2
目の前のダッシュボードが「新型フィットはやっぱりホンダ車だ」と感じさせたワケは?【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット NESSの走り
2020年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞はこのクルマで間違いない!?走りの質感はクラスナンバー1(吉川賢一)【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット e:HEV LUXEの走り
セカンドカーなら純ガソリン車で十分、アクティブに乗るならハイブリッド車を!(佐藤久実)【ホンダ・フィット試乗】
ホンダ・フィット NESSの走り
初代シティに通じる新型の存在感!走りはファミリー志向へ変身したが本質は不変(諸星陽一)【ホンダ・フィット試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事