目指せ悲願のシリーズ王者! 2020年型スバルBRZ GT300はここが変わった!!

■2020年型スバルBRZ GT300は進化したコーナリング性能が武器

前回お伝えしたカラーリング変更に続き、今回はBRZ GT300の改良ポイントをご紹介! シェイクダウンテストで渋谷 真総監督から今シーズンのBRZ GT300の改良ポイントを教えていただきました。

BRZ GT300 2020

2020シーズンのSUPER GTを戦うBRZのテーマは、信頼性の向上とパワートレーンをはじめとした各部の改良によるさらなるコーナリング性能向上により『得意分野をさらに伸ばす』進化となっています。

BRZ GT300 2020 EJ20 エンジン

2019シーズンはエンジントラブルでのリタイヤなどもあり、BRZのもつパフォーマンスを発揮することなく終えてしまったレースもありました。2020シーズンではそうしたトラブルをなくすため、特にエンジン内部、ピストンやヘッド周りの強化がおこなわれているそうです。

BRZ GT300 2020 エンジンルーム

注目は何と言ってもパワートレーンの低重心化。これまでより5mm下げられたことにより飛躍的に運動性能が向上したそうですが、それを実現するためには、バルクヘッドを完全に作り直すなど並々ならぬ苦労があったとのことです。

BRZ GT300 2020 オルタネーター

また、FRの特性を活かすために重量配分もわずかながら後輪側へ移しています。これには、オルタネーター装着位置を従来のプロペラシャフトの前からトランスミッションのアウトプット位置へ移動したことが貢献しています。

BRZ GT300 2020 ブレーキ

前回ご紹介したボディ全体の塗装の軽量化に加え、ホース類のレイアウト変更などでも軽量化を実現しました。ブレーキローターは径を同じとしながらも、薄板化により片側だけで2.3kgの軽量化を果たしているそうです。

BRZ GT300 2020 フロア下 エアロ

空力面では目に見える車体の部分では大きく変更がされていないものの、フロア下の形状を最適化するなど進化をしています。

BRZ GT300 2020 ダンロップ タイヤ

タイヤもこれまでと同じダンロップ製となりますが、今シーズンはグリップを重視したものを使用していく予定とのこと。

BRZ GT300 2020

2020シーズンは悲願のシリーズチャンピオンを目指し、必ず表彰台を狙えるマシンとしてかなりの進化を遂げていると渋谷監督も語っていました。ファンにとってもチームにとっても、今シーズンのSUPER GTへかける熱い想いを実現させるために大きく進化したBRZ GT300に期待が高まります。

(Text:井元 貴幸 Photo :土屋 勇人)

【関連記事】
SUBARU/STI 2020シーズンのレースマシンはカラーリングを一新! ニューカラーに込められた想いとは?
https://clicccar.com/2020/02/29/957522/

『スーパーGT』の最新記事
2020年8月のSUPER GT 鈴鹿戦
緊急事態宣言等の影響で第3戦鈴鹿が延期に!【SUPER GT 2021】
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
最後の最後で大逆転! SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTと河野駿佑選手が第2戦 富士でGT300初優勝【SUPER GT 2021】
Astemo NSX-GT
ペナルティにマシントラブル! 上位が次々と消える富士500kmのGT500で最後に笑ったのはAstemo NSX-GT【SUPER GT 2021】
SUBARU BRZ R&D SPORT
新生SUBARU BRZ R&D SPORTが0.15秒の僅差でGT300のポール獲得【SUPER GT 2021】
WedsSport ADVAN GR Supra
21歳がポール獲得! WedsSport ADVAN GR Supraが5年ぶりのポールポジション【SUPER GT 2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事