スズキがインドネシア向けに3列シート7人乗りのクロスオーバー「XL7」を投入【新車】

■アジア、中南米に輸出するものの、日本導入はなしか!?

世界的な流行になっているSUV。スズキは、インドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)を通じて、SUVのデザインとMPV(多目的乗用車)の利便性を融合させた、3列シート7人乗りクロスオーバー車の新型「XL7」を発表しました。

スズキ XL7
スズキの新型クロスオーバー「XL7」

新型「XL7」は、全長4450mm×全幅1775mm×全高1710mmというサイズ。搭載されるのは1.5Lガソリンエンジンで、組み合わされるトランスミッションは5MTと4ATが用意されています。日本でも販売されている現行エスクード(全長4175×全幅1775×全高1610mm)と比べると、全長は275mm長く、全幅は同値、全高は100mm高くなっています。

エクステリアは、力強いフロントフェイスや張り出しの強いフェンダーモールなどによるSUVらしいタフなスタイリングと、多彩なシートアレンジやゆとりあるキャビンなど、MPVの使い勝手の良さを融合。アクティブなファミリーに向けた新しいクロスオーバーという位置づけ。

先述したように、パワートレインには1.5Lガソリンエンジンを搭載し、軽量・高剛性のプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を組み合わせることで、優れた動力性能と燃費性能を実現したとしています。

スズキ エルティガ
スズキ・エルティガ

スズキは、インドネシア市場で全体の3割以上を占めるMPVセグメントと、近年人気が高まっているSUVセグメントの両方に向けて新型「XL7」を投入することで、幅広くユーザーの獲得を図る狙い。2018年には3列シートの7人乗り多目的乗用車「エルティガ」をフルモデルチェンジさせています。「XL7」の生産は、SIM社のチカラン工場で行われ、周辺のアジアだけでなく、中南米へも順次輸出していく計画を掲げています。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事
カプチーノ復活の前兆!? 突如イタリアに出現した2シーター・オープンスポーツ「スズキ・ミサノ」とは?
スズキ
スズキがシェアトップを誇るインドで四輪車累計輸出200万台を達成
最後の言葉は「バイバイ」。スズキの鈴木修会長 42年の語り尽くせなかった人生哲学

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事