ランボルギーニ・ウルスを820馬力へチューンナップ! ドイツのチューナー「Keyvany」が過激ボディキットを発表

■ボンネットフードなどカーボンファイバーを多用した豪華エクステリア

ドイツのチューニングメーカー「Keyvany」が、ランボルギーニの高性能SUV「ウルス」を過激にカスタムした最新ボディキットを初公開しました。

ランボルギーニ ウルス_008
Keyvany ランボルギーニ ウルス ボディキット

オーバーホールされたフロントエンドには、新設計されたLEDデイタイムランニングライト、スプリッター、整形されたエアインテークサラウンドが組み込まれ、ウルスのスタイリングをさらに強化しています。

ランボルギーニ ウルス_007
Keyvany ランボルギーニ ウルス ボディキット

ハイライトは、その豊富なカーボンファイバーです。ボンネットフードをはじめ、フロントクォーターパネル、フレアホイールアーチ、サイドミラー、カスタマイズされたエアインテーク、拡張されたサイドスカートに採用されているほか、リアエンドではフレアアーチ、大胆なディフューザー、デッキリッドのシャープなリップスポイラー、そしてルーフの上に伸びるセカンドスポイラーなど豪華にあしらわれています。

ランボルギーニ ウルス_009
Keyvany ランボルギーニ ウルス ボディキット

足回りには、フロント295mm、リア355mmのタイヤを備える24インチ鍛造ホイールセットを装着、ツライチになるホイールスペーサーを装着することにより、カーボンパーツだけでベースモデル比34kg、全体で41kgの軽量化に成功しています。

Keyvanyは心臓部にも手をかけています。4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、気流の改善、ECUチューニング、カーボンテールパイプを装着したスポーツエキゾーストシステムにより、最高出力は641psから820ps、最大トルクは1,100Nmへ大幅に向上しているといいます。

(APOLLO)

『ランボルギーニ』の最新記事
イタリアン ミッドシップスポーツ・ランボルギーニ「ウラカン」が放つ魅惑の咆哮!
ランボルギーニ ウラカン_003
ランボルギーニ ウラカンの最新カスタムは「砂漠」がテーマ!?
ランボルギーニ アヴェンタドール_005
ランボルギーニ史上最強のNA・V12を搭載。新型レーサー「SCV12」初公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事