ほぼクラス唯一のV8 NAコルベットに、清水和夫が大興奮! やっぱガソリン車最高~!!【東京オートサロン2020】

コルベット解説

■イタリアンカー? いいえThe USAのコルベットです!

初のミッドシップレイアウトを採用した新型コルベットが、東京オートサロン2020のシボレー・ブースのセンターにドーン!と展示され、大きな話題と反響を集めました。2021年春と、1年以上先のデリバリーにもかかわらず、先行予約だけでも軽く100台以上のオーダーを受けたのだとか!

清水さんと石井さん
社内に乗り込んでレポート! なんか飛行機のビジネスクラスみたい~。

そんな8代目となるコルベットに、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんとモータージャーナリスト・石井昌道さんが車内にも乗り込んでレポートしてくれました。

●やっぱりガソリン車だよね~! 絶対に気持ちいいよコレ!

新型コルベット、見るの初めてです! 元々、アメリカのスポーツカーの条件のひとつは、ロングノーズ・ショートデッキなんだけど、ミッドシップにしたことでキャビンが前にグッときたよね。そしてサイドウインドゥのサイズが小さく、本当のショートキャビン!

新型コルベット
2021年春にならないと乗れません。楽しみに待ちましょう!

パッと見た目はコルベットというよりも、イタリアンスポーツカーっていう感じだよね。

FRをやめてまでミッドシップにしたということは、運動性能を高めるためですよね。ル・マンのGTクラスで参戦しているけど、フロントにエンジンがあると最後はブレーキやタイヤに問題が出てしまい、それで優勝を逃がしているんです。

やっぱりレースではミッドシップにしないとポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニと戦うことが辛いな、ということ。ポルシェは911という名前だけど、わざわざあれだけミッドシップにしているしね。やっぱりミッドシップが元々、速く走るための最高のパッケージなんだね! シボレーもいよいよ本気になったって感じです。

コルベットのコクピット
アルカンターラをぜいたくに使ったコクピット。日本へは右ハンドルも入ってきますよ。

車中もイタリアっぽいですね。内張は全部アルカンターラで超上質になりました。助手席なんか飛行機のビジネスクラスみたい。ウン、やっぱりエンジン車でこーいうのがいいな! ノーズがドーン!という感触がないから今までのコルベットとは雰囲気が違います。

ルーフを外すふたり
外したルーフはリヤトランク部にすっぽり収まります。やっぱり外したほうが気持ち良さそう!

これ、安いんだよね! で、このクルマはエンジンがNA V8なのでパワーは500psくらい。でも最近はオレも贅沢言わない! エンジンだったらもうなんでもいい! 電気じゃなかったらなんでもいい!! でも電気も好きになってきた!? ちょっとね(笑)。

楽しそうな清水さんと石井さん
やっぱりガソリン車最高! V8 NAの清々しさを味わいたいね。

このコルベットは昔からあるスモールブロックだから、絶対にエンジンは気持ちいい! 圧縮比11.いくつか?でNAだけど、ただターボを取っただけではなくて、相当凝ったNAだよね。コルベットはかえってNAのほうがいいかも。ポルシェもフェラーリもターボばっかりだから。

あ、このクラス、マクラーレンもターボだからNAないわ! V8 NAがない!! アストンマーチンも無くなっちゃうし、レクサスLC、あとはアウディV10とか。

シボレーのV8エンジン
V8でもOHVなので、エンジンは小さいです。

でもこれ、スーパーチャージャーが付くと1000psクラスに近づいちゃいますね。NAの清々しい回転の上りを楽しむなら、NAのほうがかえっていいよね。速過ぎないし。

やっぱりエンジンはOHVだから、シリンダーヘッドが小さいし低いですね。相当フロントに寄っています。なんだか初代NSXみたいな雰囲気じゃない? 初代NSXの進化版みたいだから、意外とNSXオーナーが来るかもね。乗り換えにいいかも! GMホンダだし。

こうなるとGMにF1に出て欲しいな!って思っちゃうね。エンジンはホンダが供給して。

エンジンをのぞき込むふたり
ターボでもスーパーチャージャーでもなく、NAが良さそうです!

でも、このコルベットに乗れるのは、2021年の春だそうです。でもすでに100台くらい注文が入ったそうだから、1年で1000台くらいになるか? コルベットは注目です。オレ、赤がいいな!(by清水)

(語り:清水 和夫・石井 昌通/アシスト:永光 やすの/動画:StartYourEnginesX)

真っ赤なコルベット
オレは展示されている「ゼウスブロンズメタリック」じゃなく赤がいい!(by清水)

【SPECIFICATIONS】

エンジン:6.2L V型8気筒
ミッション:8速デュアルクラッチトランスミッション/ドライバーモードセレクター
サスペンション:パフォーマンスサスペンション マグネティックライドコントロール
ブレーキ:Brembo社製ハイパフォーマンスブレーキシステム(フロント/リヤ)
その他:Apple CarPlay/Android Auto対応シボレーMyLink/Boseプレミアム10スピーカーオーディオシステム/Boseパフォーマンスシリーズ14スピーカーオーディオシステム
価格:2LT  1180万円/3LT  1400万円(共に仕様変更による価格変更の可能性あり)

【関連記事】

GRヤリスに清水和夫が迫る! ラリーには4WD・ターボ・マニュアル・サイドブレーキとウデが重要【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/13/947060/

レヴォーグSTI・プロトタイプに清水和夫がズバリ! カーオブザイヤー最有力候補か!?【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/16/947807/

清水和夫にも教えてくれない、参考出品シビック・タイプRの中身はどう変わっているのか!?【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/17/948556/

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事