日本にも来る!Super73はバイクから生まれたおしゃれな電動自転車

●超おしゃれな電動アシスト自転車が近日日本登場

日本ではまだあまり見ませんが、世界的に電動の流れは勢いを増しています。バイクや車もそうですが、電動アシスト自転車も色んな種類が出てきました。

今回ご紹介するのはアメリカ西海岸で今流行っているバイクから生まれた電動アシスト自転車です!


こちらがSuper73のS1というモデル。ペダルとかを見ると電動自転車感はあるんですが、タンクやシート、ファット(太い)タイヤなど結構バイクらしいスタイリングなんです!

それもそのはず、Super73は70年代にカルフォルニアで流行ったミニバイク「カワサキ コヨーテ」をモチーフに作られているんです。


フレームの形やタンク、シートなどまさにそのまま!

アメリカでは日本と少し違ってこの手の公道は走れないけど、車に積んで出先で遊べるレジャーバイクというジャンルが流行りました。今では少なくなっていますが、それこそ70年代はたくさんあったんです。

電動なのでエンジンが無く中心がガッポリ空いてペダルが付いてる感じも無骨でなんかカッコイイですよね!これで海沿いとか流したらまさに写真映えしそうな雰囲気です。

このSuper73、残念ながら現状日本では電動自転車としても原付きとしても乗ることができません。しかし、日本代理店に確認したところ今年中に日本仕様が登場する予定だとか!

原付きとして乗れるのか、電動自転車なのか詳しい情報はまだ発表されていませんが、このスタイルを日本で乗れるなら普段バイクに乗るライダーも近場の足として人気が出そう。詳しい情報が発表され次第続報をお届けします!

Super73はカルフォルニアで砂浜を走ったり、街を走ったり、色んな場所で活躍しています。ファッション的にもアリなので、インスタグラマーが乗っていたり、自分なりにカスタムして楽しんでいる方も。

日本でもこのノリで持ってこれたら若い層メインで流行りそうです。

遊びの幅は広く、一部ではサーキットでレースが開催されてたりもします。しかもガチ過ぎず、ゆるすぎず、みんなおしゃれな格好で楽しんでいるのが斬新!

砂浜から街、サーキットまで一台のマシンでここまで遊べるあたり、まさに現代のレジャーマシンとして愛されているようです。

日本仕様ではどうなるかわかりませんが、EU仕様では一回の充電で60〜70km走ることができ、最大時速は25km。電動アシスト自転車にしてはパワフル過ぎますが、原付きとして乗れたらこのスタイルの割に結構ハイテクなのかもしれません。

乗り手の使い方次第で遊びの幅がぐっと広がりそうなライフスタイルマシンでした。日本仕様が入り次第続報をお届するのでお楽しみに!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『MotoBe』の最新記事
バイクの自由さを活かせるナビBeeLine Motoをスマホナビどっぷり世代のライダーが使ってみた!
次世代バイクナビ「BeeLine Moto」はどうやって使う?ペアリング方法やマウントの取り付け方など解説!
150だからってナメちゃいけない、気になるところ一挙検証! 新車が20万円代で買えるGPX Legend150の性能をチェック
実車の迫力は想像以上だった! 新車が20万円代で買えるGPX Legend150はいま一番安く乗れるストリートバイク?
ウォータースライダーをバイクで走る! 誰もが一度は想像したあのシチュエーションが楽しそう
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事