「SUVが大人気!」オートサロン初めて☆女子のいいもの3選 #3 ワイルド編【東京オートサロン2020】

東京オートサロン

■ジープ・ハスラー・ジムニーの3台に心を奪われました!

これでもかとばかりにタフネスを前面に押し出した力強いカスタムには、「男」のロマンと美学があふれています。でも、ワイルドなカスタムSUVとクロカン車は、女子からみても素敵なマシンばかりでした。

●最強クロカンの誇り ジープ ラングラーJL アンリミテッド・ルビコン

東京オートサロン
堂々としたフロントマスクに悪路最強のプライドがにじみます。

2tを超えるヘビー級ボディ、ド迫力の巨大フロントグリル、3.6リッターV型6気筒エンジン、37インチの巨大なオフロードタイヤ…元祖4×4の威風を感じさせる真正のクロカン車、それがジープ最強のオフロード性能を誇るラングラーJL アンリミテッド・ルビコンです。

東京オートサロン
いくつものロゴが並ぶドアヒンジまわりには、悪路走破性の高さを証明するトレイル・レイテッド・バッジが付いています。

このクルマのいかつい面構えを作り上げているのは、ダイナミックなフロントグリルと、がっつり張り出した大型ハイラインフェンダー。足まわりのリフト量を抑えながら大径タイヤが取り付けられるだけでなく、左右9ミリずつ幅を広げ、ゆとりのタイヤハウスを確保できる優れもののオリジナルパーツです。

東京オートサロン
赤をベースにデザインされたインパネは、スポーティでありながら上品な仕上がり。

よじのぼるように運転席に乗り込むと、たちまち本革シートの心地よい香りに体が包まれ、インパネの美しさに目を奪われました。飛びぬけたオフロード性能やマッチョな外装だけでなく、豪華な内装もルビコンの魅力。最強のクロカンカスタムは、悪路にも街にも似合う贅沢なクルマなのです。

●見上げればいつも星空! ハスラー ストリートベース

東京オートサロン
新型ハスラーのキュートなルックスは、街遊びにもよく似合います。

スズキ ハスラーは、元気な走りと可愛いデザインで人気の軽SUV。その新型が、発売を目前に控えた東京オートサロンで、特別仕様車として公開されました。これまで自然の中で遊ぶアウトドアシーンで活躍することが多かったハスラーを、ストリート仕様にカスタムした一台です。コンテナをイメージしたマットブルーの外装やポップなグラフィックが、街遊び気分をガンガン盛り上げてくれそうですね。

東京オートサロン
社内デザイナーが作ったワンオフのステッカーいっぱいのバックドア。こんなところにもハスラーらしい遊び心が感じられます。

テールゲートに座れば、バックドアに埋め込まれたスピーカーで音楽も楽しめます。天井にはLEDのイルミネーションがきらきら輝いて、まるで本物の星空みたい。晴れた日も雨の日も大好きなクルマの中で星空が見られるなんて、とってもロマンチックですよね!

東京オートサロン
ハスラー ストリートベースはテールゲートで遊べるクルマ。

多くの人に愛され、すっかり人気者になったハスラーですが、この新型ストリートカスタムをきっかけに、大自然の中ばかりではなく、ストリートでも人気者になってくれるといいですね。

●まるで動くツリーハウス TSD Styling ジムニーシエラ

東京オートサロン
ライトカラーのボディを黒のバンパーが引き締めています。

ルーフにテントを載せたジムニーシエラ。フロントバンパー、オーバーフェンダー、リヤバンパーなど、外装中心にしっかりカスタムが施されています。足まわりも1.5インチリフトされているので、安心してオフロードが楽しめそうです。

東京オートサロン
テントがあまりにも気持ちよくて、降りたくなくなってしまいました。

ルーフに取り付けられたテントは、走るときにはたたんで袋に収納するソフトタイプ。リアのラダー伝いに上がります。テントの中は意外と広々していて、張り出し窓のおかげで見晴らしも最高! 子どもの頃に夢見たツリーハウスみたいで、お菓子や本を持ち込んでのんびり過ごしたくなるような快適空間でした。

東京オートサロン
内装はシンプルで実用的。

内装のカスタムは控えめですが、シートにデニム生地を使っているのが大きな特色です。肌触りがよく座りごこちのいいシートなので、ロングドライブもリラックスして楽しめそう。こんな素敵なルーフトップテント付きのクルマなら、仲間と出かけるいつものキャンプが一味も二味も違うものになりそうですよね。

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事