バイク用キャリアを装着したマツダCX-30をはじめ、多彩なスタイルでカスタムしたSUVが集合!【東京オートサロン2020】

■もしマツダSUVに乗るなら、どの仕様がお好み?

東京オートサロン2020のマツダブースでは、純正アクセサリーなどを装着することでドレスアップを図った複数のマツダSUVが展示されました。

CX-30
新たなオプションパッケージ「SIGNATURE STYLE(シグネチャースタイル)」を装着したソウルレッドクリスタルメタリック塗装のCX-30。

最大の目玉は、新車の受注が好調である新型クロスオーバー「CX-30」に新設された、純正アクセサリーパッケージ「MAZDA CX-30 SIGNATURE STYLE(シグネチャースタイル)」でしょう。

このアクセサリーパッケージには、サテンクロームのモールディングを備えたアンダーガーニッシュ(フロント/サイド/リアの3点)と専用のツートーン切削アルミホイール、リヤルーフスポイラーなどのアイテムを組み合わせたもの。展示車は、ソウルレッドクリスタルメタリックとポリメタルグレーメタリックの2台が、カスタマイズの内容を変えて飾られていました。

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-30には、ルーフレールやスポーツマフラー、キャリパーのブラック化などの「SIGNATURE STYLE」が生み出すスタイルを実感し易いシンプルな仕様となっています。

一方で、ポリメタルグレーメタリックのCX-30は、足元には、BBS製鍛造アルミホイールと車高調整サスペンションによる引き締めを行うことで、よりスポーティさを強調。それでいてルーフ部には、バイク用キャリアを装着することで、クロスオーバーならではの多様性も表現されています。

CX-30
車高調やBBS鍛造アルミホイールでよりスポーティさを強調したポリメタルグレーメタリックのCX-30。スタイリッシュなクロスオーバーなら、アクティブな週末の相棒にも最適。

CX-30用の「SIGNATURE STYLE」は、2020年1月10日より予約受付を開始し、2月3日より発売となります。価格は、344,691円(税込)で、単品でパーツを購入すると、総額は約49万円にも上るため、かなりお得な価格に設定なっています。

この他にもCX-5のアクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE(タッチスポーツスタイル)」装着車に、大型のルーフラックを装着した車両とCX-8のカスタム車両を展示。

CX-5
CX-5には、アクセサリーパッケージ「TOUGH-SPORT STYLE」装着車をベースに、ライトなカスタマイズが施されていた。

CX-8は、標準車に近い雰囲気ですが、車高調整サスペンションによるローダウン化に加え、海外向けモデル「CX-9」用アルミホイールを仕様変更して装着することで、よりスポーティなスタイルを構築しています。これを見て、ローダウンさせようと決意したオーナーもきっと多いはず…。またCX-9用ホイールとのマッチングも良いため、近い将来、CX-8にも標準装着されないかも気になるところですね。

CX-8
車高調によるローダウンが行われたCX-8。アルミホイールは、海外向けモデル「CX-9」からの流用とのこと。

(文と写真:大音安弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事