オートサロン初めて☆女子のいいもの3選 #1 スポーツカー編【東京オートサロン2020】

ロータスエリーゼ

■女子目線で選んだスポーツカー・ベスト3はこちら!

東京オートサロンの花形といえば、なんといってもスポーツカー。エンジンやサス、吸排気系など、走りのパフォーマンスを高めるチューニングはもちろん、エアロパーツやホイールなど、ドレスアップを兼ねたカスタムまで、各メーカー・ショップ自慢のパーツとテクニックがふんだんに盛り込まれたクルマがたくさん展示されていました。

その中から、東京オートサロンに初めて足を踏み入れたワタシが、女子&初心者目線で気になったスポーツカー3台をご紹介します!

●やさしいブルーが映えるミッドシップ「LOTUS SPORT 220-II」

ロータスエリーゼ
カッコよさと美しさのなかに、どこか可愛らしさを感じるフォルムです。

ロータスエリーゼスポーツ220-IIは、220psの高出力を誇る1800ccDOHC4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載した、重量わずか904kgのミッドシップスポーツカー。そのスペックをみるだけでも、クイックな走りがくっきり想像できますね。

ロータスエリーゼ
シフトノブのリンケージが覗く独特のセンターコンソール。メカっぽさが素敵!

でも私のお気に入りポイントは、スカイブルーの可愛いボディカラー。明るいパステルトーンが生み出すやわらかな陰影が、官能的なカーヴィボディのラインをいっそう際立たせています。いっぽうドライバーズシートに乗り込むと、そこはキュッとタイトな漆黒の空間。レースカーを思わせるコックピットの雰囲気に、走りの気分が一気に盛り上がります。

ロータスエリーゼ
クルマに全身を包まれるようなドライバーズシート。深く沈んだポジションなので、乗り降りには少しコツが必要です。

エリーゼスポーツは、おしゃれで可愛いのに、しっかり自立した芯の強い女性にぴったりのクルマです。女子に憧れられるクルマには、やっぱり女子に憧れられる素敵な女性がよく似合いますよね。

●名車バイクへの熱いオマージュ「スズキ スウィフト スポーツ KATANAエディション」

スウィフト カタナ
新型KATANAとともに展示されたスウィフト スポーツ KATANAエディション。

昨年のケルンショーで新型が発表されたスズキの大型バイク KATANA。初期型発表当時、斬新なデザインと突出した性能で「ケルンの衝撃」と呼ばれたKATANAは、38年の時を経てふたたび世界に大きな衝撃をもたらしました。スウィフト スポーツ KATANAエディションは、スズキ二輪車の伝説的代名詞となった、このKATANAのテイストをクルマで再現したマシンです。

スウィフト カタナ
フェンダーにあしらわれた日本刀を思わせるロゴからもKATANAの誇りが感じられます。

KATANAとまったく同じ塗色を使ったシルバーのボディカラーや、アクセントとなっている赤いストライプ、日本刀をイメージさせるロゴなどのグラフィックはもちろん、シャープなエッジをもつグラマラスなボディまで、みごとにKATANAのデザインが再現されています。またスウィフト スポーツの走りを活かしつつ、カリカリのチューニングカーではなく、風をうけてゆったり走れるクルマに仕上げられていることで、新生KATANAの乗り味までが表現されています。

●よみがえる往年のライトウェイト・スポーツ「インパルス☆AE86トレノ」

AE86
リトラクタブル・ヘッドライトに80年代スポーツモデルの美意識を感じるフロントマスク。

1983年に初期型が発表された古いスポーティ・カーながら、いまも根強い人気を誇るトヨタ AE86トレノ/レビン。あまりクルマに詳しくない女子でも、このクルマなら知っているという人は少なくないはずです。操る楽しさにあふれたクルマだからという理由もさることがら、漫画『イニシャルD』の大ヒットで人気に火がついたことは、いまさら説明するまでもなさそうですね。

AE86
エンジンフードの中にはフルチューンされたエンジンが収まっています。

インパルスのAE86は、たんなるレストア車ではなく、エンジンもミッションもサスペンションも、走りのパーツのほとんどすべてをアップデートしたチューニングカーだという点が大きな特徴。エンジンは5バルブに換装されてマックス195psを発生、さらに6速ミッションが組み込まれ、当時のN2カー並みの速さを誇ります。でもパワステが装備されていて、ドライビングにそれほど腕力が要らないところが女子にも嬉しいポイントです。

AE86
スパルタンな走りを予感させるステアリングまわり。

インパルス☆AE86トレノは、男まさりのかっこいい走りで峠のアイドルになれちゃう、ちょっとやんちゃな女の子にピッタリですね。

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事