コストパフォーマンスは世界一!? シボレー・コルベットC8、ニュルで7分28秒3の高タイム

■東京オートサロンでもお披露目予定。660万円で世界トップレベルの実力

シボレーが東京オートサロン2020で日本初公開予定の「コルベット C8」(Z51パフォーマンスパッケージ)が、ニュルブルクリンクで7分28秒30のレコードを出したことが「Muscle Cars & Tracks」の調べでわかりました。

シボレー コルベット外観_001
シボレー コルベット C8

8代目となる新型コルベットは、直噴6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジン&パドルシフト付き8速DCTの組み合わせにより、最高出力495hpを発揮。ベースモデルの加速は、0-100km/hを3.0秒・0-400km/hを11.2秒、「Z51パフォーマンスパッケージ」では、0-100km/hを2.9秒というパフォーマンスを発揮します。

シボレー コルベット外観_003
シボレー コルベット C8

ニュル最速モデルでは、ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」が6分44秒97というレコードを持っていますが、シボレーでは、「コルベットZR1」が7分19秒63、『カマロZL1 1LE』が7分16秒04という記録を非公式ながらもっています。これら記録と比較すると、飛び抜けた数字ではありませんが、ベースモデルは6万ドル(約660万円)という低価格を考えれると、世界屈指の圧倒的コストパフォーマンスを持っていると言えるでしょう。

シボレーでは、今後1000ps超えとみられるハードコアモデルモデル「ZR1」新型の登場も濃厚で、ニュル最速ランキング・ベスト10入りの期待もかかっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?