MINIクラブマン次世代型はクロスオーバーSUVスタイルに変更!?

■クロスオーバーとともに巨大化か!? 登場は2023年以降に

MINI初のエステート「クラブマン」が次世代型でクロスオーバーSUVへ大刷新され、大きな変身を遂げる可能性があることがわかりました。

MINI クラブマン外観_002
MINI クラブマン

クラブマンはシリーズ初となるエステートとして、2005年にコンセプトモデルを初公開、2007年から初代が発売されています。

その後2015年には2代目が登場し、2019年初めに改良型が発売。観音開き「スプリット・ドア」を継承し、パワートレインには、1.5リットル直列3気筒ツインパワーターボエンジンを搭載、新開発7速DCTと組み合わせることにより、よりスムーズな走りを実現しています。そして現在、次世代型の開発がスタートしたばかりと思われます。

MINI クラブマン外観_001
MINI クラブマン

現在クラブマンはセグメントにおいて競争力が低下しています。MINIブランドとしても販売台数が2013年をピークに減少傾向にあるため、各モデルのテコ入れが必至の状況のようです。

そこで考えらえているのが人気のクロスオーバーSUVへの変身です。現在クラブマンはSUV「カントリーマン」(日本名:クロスオーバー)よりわずかに小さいため、クラブマンが巨大化すればカントリーマンも必然的に巨大化されることになるでしょう。

次世代型の登場は2023年以降とまだ先のため、確定ではありませんが、同社がラインアップを大刷新する可能性はありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?