エンジンはAMG製。アストンマーティン ヴァンテージ新型にロードスター設定へ!

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター外観_003

■デビューは2020年5月、最高速度314km/hのオープンモデル

アストンマーティンは、2ドアクーペ「ヴァンテージ」新型にオープン派生モデル「ヴァンテージ ロードスター」を設定すると発表していますが、その実車が出現、初めてカメラが捉えました。

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター外観_003
アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両

初代ヴァンテージは、「V8ヴァンテージ」として1977年に発売、第2世代は1993年に登場し、2005年には第三世代、現行モデルの第四世代は2018年から発売されています。

アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター外観_010
アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター 開発車両

捉えたプロトタイプはフルヌード状態で、クーペと同様のフロントマスク、リアエンドが見えています。違いはソフトトップであることだけで、ボディには「OPENING SPRING 2020」と書かれており、2020年春デビュー予告しているます。

新型モデルでは、往来の4.7リットルV型8気筒NAエンジンに代わり、メルセデスAMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力510ps、最大トルク685Nmを発揮します。トランスミッションはZF製8速ATで、0-96km/h加速3.5秒、最高速314km/hのパフォーマンスを発揮します。おそらく、ロードスターもそれに近い数値となるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
フィアット ティーポ_006
実はシビックやマツダ3より売れている!? フィアット・ティーポ、5年目の大幅改良
スパイカメラマン_003
わずか5秒のチャンスにかけるビジネス! 新車スパイカメラマンというお仕事
日産 エクストレイル_001
新型 日産・エクストレイルの特許画像を入手! 新しい「e-POWER」を搭載で魅力アップ
VW アルテオン シューティングブレーク_001
VW・アルテオン シューティングブレークの開発車両を鮮明にキャッチ!
トヨタ B-SUV_002
今度は「C-HRの弟分」!? トヨタ・ヤリスベースの新型SUVの開発車両をキャッチ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事