フル電動スポーツカーを謳うポルシェ・タイカンが日本初公開。テスラ・モデルSを追撃へ【新車】

■日本発売は2020年後半

2019年11月20日、ポルシェジャパンはブランド初となるフル電動スポーツカー「タイカン」を日本で初公開し、同日より「期間限定タイカン予約プログラム」を開始しました。

ポルシェ タイカン
ポルシェ初の電動スポーツカー「タイカン」が日本初公開

プレス向け発表会では、ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長が自己紹介を兼ねて登壇。ちょうど就任100日目を迎えたという新社長は、100年に一度の大変革期といわれている自動車業界において、タイカンが新たなスタンダードになると宣言。

フル電動EVである新型ポルシェ「タイカン」は、911の影響を受けたというエクステリアや初代911のインパネなど、ポルシェの伝統を受け継ぎながら新時代の大きな一歩を歩むスポーツカーでもあります。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンのフロントビュー

モーターは前後に各1基ずつ配され、EVながらも「ターボ」が車名に付く「タイカンターボS」は、最大761psを発揮し、0-100加速を2.8秒でクリアするという圧倒的な動力性能を誇ります。

さらに航続距離は、「タイカン4S」で最長463kmに達します(航続距離はWLTPに準拠)。しかも、このような高性能を過酷な条件でも安定して発揮できる信頼性が確保されており、0-200km/h加速を26回繰り返した際のタイム差は、1秒未満に抑えられているそう。なお、ライバルのテスラ・モデルSは、0-100km/h加速2.6秒、WLTPモードは610km。

●チャデモにも対応するポルシェ・タイカン

また、電動化されたドライブトレインにも革新技術が採用されています。2基の永久磁石シンクロナスモーター、世界最高レベルの高速充電を実現する800Vシステム、後輪用モーターに組み込まれた2速変速機構などを採用。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンの充電リッドは、運転席側にあり、ワンタッチでリッドが開閉する

充電方式もトピックスで、タイカンの圧倒的な高速充電性能を生かすため、ポルシェジャパンでは全国のポルシェセンターや公共施設に次世代CHAdeMO(チャデモ)に対応した急速充電器を設置するそう。充電出力は、国内で最もパワフルな150kWで、タイカンの車載バッテリーを30分以内に80%まで充電する能力を有します。もちろん家庭での普通充電にも対応。

ポルシェ タイカン
ポルシェ・タイカンのインパネ

そのほか、インターネットに常時接続するなど、デジタル時代への対応も抜かりありません。ドライバーの正面に位置するメータークラスターはポルシェ初となるフルデジタル式で、最良の視認性を実現するべく、適度に湾曲した16.8インチの大型ディスプレイが採用されています。

ダッシュボード中央に10.9インチのセンターディスプレイを配備され、ホーム画面からすべての機能に直接アクセスできるオペレーティングシステムも新たに用意されています。助手席正面にはナビシートの乗員専用となる、10.9インチのディスプレイがオプション設定。すべての乗員にとって使いやすく便利なインターフェイス環境が整っています。

ポルシェ タイカン
助手席用ディスプレイを初設定

音声を通じて多彩な機能を操作できるボイスコントロールやスマートフォンからドアの施錠状態や駐車位置を確認できるコネクテッド機能の「Porsche Connect」も装備。さらに「Apple Music」も搭載されているので、手持ちのスマホを接続せずにサブスクリプション登録者であれば誰でも車載タッチスクリーンを操作することで、5000万以上の楽曲を車内で楽しめます。ちなみに、タイカンはApple Musicを車両の機能として組み込んだ世界初のクルマになります。

ほかにも、環境への配慮として、素材へのこだわりも特徴のひとつ。軽量でリサイクルが容易なアルミニウムをボディの37%に採用され、シート地には、なめし行程に有機素材であるオリーブの葉を用いたクラブレザーの「OLEA」をオプション設定。ほかにもリサイクル繊維を用いて生産時のCO2排出量を80%削減したマイクロファイバー素材“Race-Tex”も用意されています。フロアカバーにはリサイクル繊維のEconylを用い、地球環境への負荷を軽減しています。

新型ポルシェ・タイカンの日本導入は2020年後半としています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連サイト】

ポルシェ・タイカン予約プログラム
https://www.porsche.co.jp/sp/taycan/

『ポルシェ』の最新記事
ポルシェジャパン
オンラインで実車確認が可能!? ポルシェジャパンが「Porsche Online Consultation with スマートグラス」を試験導入
ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ・パナメーラがマイナーチェンジ。「パナメーラ 4S E-ハイブリッド」を新たに追加【新車】
New_Panamera
ポルシェ・パナメーラがマイナーチェンジ。ターボSは630馬力にパワーアップ!【新車】
先代から40PS・40Nm増強された、新型ポルシェ911ターボ/911ターボカブリオレの予約受注を開始【新車】
ポルシェ初となるポップアップストア「Porsche NOW Tokyo」で、新型EV「タイカン」の実車チェックができる
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事