オーソドックスの美学がついに再燃! 話題の250ccオフバイクに乗ってみた【ホンダCRF250F・概要編】

■空冷SOHCエンジンと正立フォーク。ホンダCRF250Fは名車XR250の再来か!?

CRF250F
CRF250Fの外観

CRF250といえば多くのライダーにとって聞きなれた車名のはずですが、街中や林道ですっかりおなじみの大ヒットモデルCRF250LやCRF250RALLYとは違い、CRF250Fの姿はイメージできない人も多いのでは。もともとオーストラリア製のコンペティションモデルで、先ごろ横浜のバイクショップ・アルファスリーで待望の公道仕様の販売が始まったばかりのオフロードマシンです。

アルファスリー外観
アルファスリーの店頭は、いつも多くのライダーで賑わっています。

アルファスリー(https://www.alphathree.co.jp/)では、コンペティションモデルのCRF250Fに、手作業でデジタルスピードメーターや灯下類をひとつひとつ取り付け、リーガル(道交法に適合した)モデルとして製作販売しています。やはりなんといっても競技用マシンの高性能を公道で安心して楽しめるのが嬉しいですね!

そしてCRF250Fは、かつてオフロードバイク界を席巻した名車XR250の再来とも噂される、いま話題のマシンでもあるのです。

●オーソドックスなデザインにオーソドックスな高性能

CRF250F
CRF250Fのサイドビュー(右)

CRF250Fのルックスはまさに正統派。レーシーでありながらも落ち着いた雰囲気に遊び心をくすぐられるベテランライダーも多そうですね。見た目には、とんがったところや古臭いところはなく、現代のごくスタンダードなオフロードバイクといえるでしょうか。

CRF250F
CRF250Fのフロントビュー

フロントマスクもなかなか精悍で、手堅くきれいにまとまっています。小さなスピードメーターがバイザー内に収まりきらず、ちょっと飛び出しているのがご愛敬ですね。

CRF250F
CRF250Fのサイドビュー(左)

薄型LEDテールライトやナンバープレートの取り付けも、コンペティションモデル特有のすっきりしたテールのイメージを損なうことなく、うまく処理されています。

CRF250F
CRF250Fのリアビュー

CRF250Fが「XR250の再来」といわれる理由も、外観写真を見れば一目瞭然。シンプルな空冷SOHC4バルブエンジンに正立フォーク……誰もがあのXR250を思い起こしてしまうのも無理はありません。

最新テクノロジーを身にまとって現代によみがえったXR250ことCRF250F。その装備はどんなものか、走りはどれほどなのか、引き続きこのあとレポートしてゆきます。なんだか早くもわくわくしてきますね!

ホンダCRF250F
【主要諸元】
全長×全幅×全高:2108mm×798mm×1185mm
シート高:883mm
エンジン種類:空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量:249cc
最高出力/最大トルク:22pp/2.28kgm
燃料タンク容量:6ℓ
タイヤ(前・後):80/100-21・100/100-18
ブレーキ:前後ディスク
車両価格:77万8000円
※アルファスリーにて取り扱い

(写真:高橋克也/文:村上菜つみ)

【関連リンク】
アルファスリー
https://www.alphathree.co.jp/

『バイク』の最新記事
ジョルノデラックス
安定の足まわりで誰もが気負わずシティランを楽しめる【ホンダ ジョルノ・デラックス・走り編】
ジョルノデラックス
街に映えるおしゃれでかわいい実用的なデザイン【ホンダ ジョルノ・デラックス・装備編】
トライアンフのボンネビルシリーズ2021年モデル
ハリウッドの大スターも愛した伝統の英国バイク! トライアンフ「ボンネビル」シリーズの2021年モデルはクラシカルで最先端

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています