新型カローラの1.8Lガソリンエンジンは、パワフルな走りとリーズナブルな価格設定が魅力【新型カローラ試乗記】

■隠れた実力派!? 2ZR-FAEを積む1.8Lモデルの走りをチェック

新型カローラが街を走り始めました。中心となるパワートレーンは、1.8Lエンジン+モーターの「THS2」であるハイブリッド仕様でしょう。

街中での燃費の良さ、トヨタらしい静かでスムーズな走り、必要十分な動力性能が確保されています。さらに、静かな住宅街でEVドライブモードにすればご近所に気を使わずにすむ利点もあります。

トヨタ カローラ
1.8Lガソリンを積む新型トヨタ・カローラの走り

一方、セダンとツーリングに設定されている1.8Lガソリン仕様は、ハイブリッド仕様よりも力強く、結構スポーティな走りが楽しめます。

先代カローラにも積まれている「2ZR-FAE」は、2代目ウィッシュに積まれるなど登場から10年が経っていますが、プレミオ/アリオンのマイナーチェンジからバルブマチック化され、燃費向上が図られるなど手が入っています。

トヨタ カローラ
新型カローラにも積まれる「2ZR-FAE」型の1.8Lエンジン

最高出力140ps/6200pm・最大トルク170Nm/3900rpmというエンジンスペックは、1.8Lハイブリッド仕様のシステム出力122psを上回ります。

街中の低速域でも力強さは上なのが十分に伝わってきて、より元気な走りがお望みならこちらを選ぶべきでしょう。燃費を考えなければ、個人的には1.8Lハイブリッドよりも1.8Lガソリンの方が気持ちが良く、ベストな選択のように思えました。

トヨタ カローラ
1.8Lのガソリン仕様はセダンとツーリングに設定される

ハイブリッドと比べると車両重量も50kgほど軽く、フットワークも上々。そこに「TNGA」プラットフォーム化された安定感のある乗り心地も加わります。しかも、それほどエンジンを回さなければ静粛性もかなり高く、走りの上質感も伝わってきます。車両価格も、約45万円程度1.8Lガソリンの方が安くなっているのも魅力です。

トヨタ カローラ
ハイブリッド仕様とメーターパネルが異なる

とにかく燃費重視…というのでなければ、ハイブリッドあるいはE-Fourではなく、FFのみとなる1.8Lガソリンを選択して気持ちのいい走りを享受するのもオススメです。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

『トヨタ・カローラ』の最新記事
tomca_lv_corolla01
史上最高の販売台数6代目カローラの「1500SEリミテッド」がトミカLV-NEOに新登場【ミニカー新製品情報】
サーキット走行に適した迫力顔のトヨタ・カローラ 「Apex Edition」を限定発売
専用フロントマスクでスタイリッシュな「カローラ セダンGR SPORT」が登場
トヨタ・カローラ クロスを世界初公開!世界戦略のコンパクトSUVをタイで発表!!
カローラスポーツが初代「レビン」風に変身!? TOM’Sから車検対応オーバーフェンダー登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事