Kawasaki ZX-25Rは待望の4気筒250ccフルカウルスポーツ!【東京モーターショー2019】

ZX-25R_Rear

●あの20世紀の興奮をもう一度!?

絶えて久しかった4気筒の250ccフルカウルスポーツが復活しました! 近年人気が上がっていた250ccフルカウルスポーツのジャンルですが、ほとんど2気筒のモデルばかり。1990年代のような4気筒モデルはありませんでした。

しかし、カワサキモータースジャパンが東京モーターショー2019でワールドプレミアしたZX-25R(ブースでは「ゼットエックス・トゥウェンティファイブアール」と呼ばれていました)は、久しぶりの4気筒250ccフルカウルスポーツです。

ZX-25R_Front
現代的かつ軽快なスタイリングです。
ZX-25R_Rear
やはり2気筒のモデルとはエンジンのボリューム感がちがいます。

エンジンは水冷4ストローク並列4気筒249cc。もちろんDOHC4バルブです。新開発されたこのエンジンは高速回転域でのパワーばかりでなく、低中速回転域のトルクも両立しているそうです。ただし、やっぱり高回転エンジンならではのサウンドは重視されていて、アクセルをひねれば鋭い官能的なエンジンサウンドが楽しめるようです。

ZX-25R_Muffler
排気音はやはり高回転サウンドが楽しめるものになっているようです。

また、車体面では、スーパーバイク選手権などで培った技術と先進の構造解析技術をフィードバックし、新設計の軽量トリレスフレームを採用しているほか、250ccとしては初採用だという先進的なフロントサスペンションシステム「SFF-BP」を採り入れるなどして、優れたコーナリング性能を実現しています。

ZX-25R_F_Sus
フロントブレーキはラジアルマウントのモノブロックキャリパーを採用しています。
ZX-25R_Rear_Sus
リヤサスペンションはホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションが採用されています。

KTRC(カワサキトラクションコントロール)やKQS(カワサキクイックシフター)などのライダーサポート技術も充実し、快適に楽しいライディングが楽しめるモデルになっています。

[Kawasaki ZX-25R]
・エンジン種類:水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
・総排気量:249cc

(まめ蔵)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事