レクサス最強オープン「LCコンバーチブル」の市販型をPV撮影現場でキャッチ

レクサス LCコンバーチブル外観_007

●ワールドプレミアは東京モーターショー2019が有力

レクサスは、フラッグシップクーペ、「LC500」に設定される「LCコンバーチブル」プロトタイプをすでに公開していますが、その最終市販型モデルをスクープしました。

レクサス LCコンバーチブル外観_009
レクサス LCコンバーチブル 市販型プロトタイプ

目撃した現場では、白バイが先導し、ビデオカメラを積んだポルシェ「カイエン」が後ろから追従。おそらくPV撮影と思われます。

レクサス LCコンバーチブル外観_007
レクサス LCコンバーチブル 市販型プロトタイプ

LC500は、欧州Fセグメント2ドアスポーツとして2011年のデトロイトモーターショーでコンセプトモデル「LF-LC」として初公開。その後改良を重ね2016年1月に市販型がワールドプレミア、2017年に5.0リットルV型8気筒搭載「LC500」、及び3.5リットルV型6気筒マルチステージハイブリッド搭載「LC500h」が発売されています。

そして2019年7月、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて「LCコンバーチブル」試作車がワールドプレミアされました。車体にはQRコード風カモフラージュがほどこされていましたが、今回はフルヌード姿で登場、これが市販モデルと思われます。

レクサス LCコンバーチブル外観_003
レクサス LCコンバーチブル 市販型プロトタイプ

パワートレインは最高出力354ps、最大トルク500Nmを発揮する3.5リットルV型6気筒と、最高出力471hpを発揮する5.0リットルV型8気筒NAエンジン+電気モーターと、最高出力477ps、最大トルク540Nmを発揮する5.0リットルV型8気筒エンジンがクーペから流用される可能性が高いでしょう。

販売価格は、LC500の92,300USドル(約1千万円)、ハイブリッドLC500hの96,810USドル(約1,050万円)以上となる100,000USドル(約1,100万円)程度が予想され、ポルシェ「911カブリオレ」、メルセデスベンツ「SL」、BMW「8シリーズ」と市場で争うことになります。

ワールドプレミアは東京モーターショー2019が有力で、気になる日本市場への導入は、2020年内にも実現される可能性が高いという情報も入手しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ジャガー XF 外観_003
ジャガーXFに改良型登場。「I-Pace」から新テクノロジーの投入も
ロータス エラン コンセプト外観_001
ロータス・エラン、25年ぶりに復活の可能性! 標的はポルシェ ボクスター
フォード ブロンコ ティザーイメージ_003
24年ぶり復活へ! フォード伝説のオフローダー「ブロンコ」は2020年春にデビュー
メルセデス AMG GLA45外観_001
2020年のセグメントキングは俺だ! 最大421馬力のメルセデス AMG GLA45をスクープ
ランチア ストラトス現代版
ランチア伝説の「ストラトス・ゼロ」が蘇る!? 現代版を大予想
レクサス LCコンバーチブル外観_007
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事