アルファロメオ・ジュリア スーパーに定額料金で乗れる特別リースプログラムが設定

アルファ ロメオ ジュリア

●月額55,000円で乗れる「Carta GIULIA」が設定

2017年10月に発売されたアルファ ロメオの最上級セダン、「ジュリア」の発売開始2年を記念して、ラグジュアリーグレードである「スーパー」に月額55,000円の定額設定で乗れる3年間の特別リースプログラム「Carta GIULIA(カルタ ジュリア)」が設定され、販売が開始されています。

アルファ ロメオ ジュリア
アルファ ロメオ・ジュリア・スーパーに特別リースプログラムが登場

「Carta(カルタ)」とは、大切な約束や取り決めをまとめた「憲章」を指すラテン語だそう。ジュリアのドライブフィーリングとエンジンサウンドを堪能でき、心躍るアルファ ロメオのある生活を安心して楽しめます。Cartaには、そうした想いが込められているそうです。

毎月のリース料には、通常クルマの購入時にかかる車両代、登録諸費用などのほかに、自動車税(毎年)、重量税、自賠責保険料、新車購入と同様の3年間のメンテナンスプログラム、3年間のメーカー保証が含まれています。また、ドライブレコーダーやスタッドレスタイヤといったアクセサリー類も追加オプションとして選択可能。

ベース車は、先述したように「ジュリア・スーパー」で、同ブランドに期待される上質さを満たすラグジュアリーグレード。パワートレインは2.0Lのターボエンジンと8速ATの組み合わせで、足まわりには18インチアルミホイールが装備されます。

そのほか、プレミアムレザーシート、レザーダッシュボード/ドアパネル、ウォールナット/グレイオークのウッドパネル、「harman/kardon」製プレミアムオーディオシステムが装備され、上質な仕立てをさらに際立たせています。

ユーザーは、クルマの維持管理に要する各種費用込みのリース料金を毎月一定額で支払いできる利点があります。頭金や登録諸費用などの購入時の支払いが不要なので、まとまった資金を用意する必要がないほか、年に1度の自動車税納税の一時的な出費を抑えられるため、車両にかかるコストを簡単に管理できます。

また、クルマの点検・整備は、全国のアルファロメオ正規ディーラーで受けることができる保証とメンテナンスがパッケージされています。さらに、ユーザーニーズや嗜好に合ったアクセサリーやオプションを追加した場合もオプション料金を月々のリース料に加算できます。そのほか、FCA自動車保険プランを追加することも可能になっています。

(塚田勝弘)

『アルファロメオ』の最新記事
アルファ ロメオ F1 トリビュート
アルファ ロメオ ジュリア・クアドリフォリオとステルヴィオ・クアドリフォリオにF1参戦記念限定車「F1 トリビュート」を計10台設定【新車】
アルファロメオ発表会
アルファロメオF1参戦記念、カーボン増し増しザウバーエアロも装備のジュリア&ステルヴィオ特別仕様「F1 Tributo」を限定リリース!
「走れるSUV」ステルヴィオを専用パーツで魅力的に演出した限定車が登場
【アルファロメオ・2.2ターボディーゼル・スーパー試乗】日本初導入となるディーゼルモデルでもアルファロメオらしい走りはそのまま
アルファ ロメオが5年間メンテナンス追加費用なしの無償キャンペーンを実施
アルファ ロメオ ジュリア
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事