懐かしのレーシングカーが大集合。栄光のマシンたちによるデモランとレースが開催【SUPER GT・DTM交流戦】

●DTM最終戦に集まったオールドレーシングカーたち。

今回のDTM最終戦ではメインレースの他に、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップやアウディR8 LMSによるサポートレースが行われていました。そして更に、日本ではなかなか見ることのできない貴重なクラシックカーによるデモランも行われました。

そんな貴重な走行の数々を、どうぞご覧ください。

ホッケンハイム_クラシックカー_002
クレーマーポルシェ
ホッケンハイム_クラシックカー_003
デトマソ
ホッケンハイム_クラシックカー_004
オペルのレーシングカー
ホッケンハイム_クラシックカー_005
古いBMWはかっこいいですよね
ホッケンハイム_クラシックカー_006
BMW

そしてそんな貴重な車たちが、メインレースの終わった日曜の最後のプログラムでガチンコのレースまでやってしまう事に非常に驚いてしまいました。車を車として楽しむ、そしてこういう貴重なレーシングカーたちがいまだにこれだけ現存し、当たり前のようにサーキットを全開で走る事に、ヨーロッパの車文化のレベルの高さというか懐の深さをひしひしと感じました。

ホッケンハイム_クラシックカー_007
日曜の夕方にはガチンコのレースが開催
ホッケンハイム_クラシックカー_008
メカを見ているだけでワクワクします
ホッケンハイム_クラシックカー_009
こういう形で走行中以外は展示されている車もありました
ホッケンハイム_クラシックカー_010
雨のレースでクラッシュしてしまう車が続出。

こういう文化が、世界的な自動車メーカーをいくつも持つ日本でもぜひ浸透してほしいなぁと思った、今回の取材でした。

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
織戸学と山本磨美
織戸学、全日本ラリー選手権第 6 戦「MONTRE(モントレー)2021」に参戦!
Floral Racing with ABSSA/#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3
スーパー耐久・富士24時間レースの井出有治&マクラーレンGT3を振り返る「勝てたレースだけに3位でも悔しさ倍増…」
夜明けごろの水素エンジン搭載カローラスポーツ
水素エンジン、斯く戦えり。世界初の水素エンジンレーシングカーでトヨタの社長がレースを走った【スーパー耐久2021】
井出有治
憧れのチーム・インパル(IMPUL)からフォーミュラニッポン参戦…でも、星野一義さんの愛猫と井出有治の相性は最悪だった!?
佐藤琢磨選手
世界三大レース「インディ500」開幕直前。ディフェンディングチャンピオン佐藤琢磨が連覇への意気込みを語る

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事