キャンピングカーのベースにも使われそうな、トヨタの大型ミニバン「グランエース」とは?【東京モーターショー2019】

東京モーターショーには、何台かの市販予定車が出品されますが、最大級の注目を集めそうなのがトヨタの新型ミニバンであるグランエースでしょう。2019年内の発売が予告されています。東京モーターショーを前に報道陣に公開されたのでご紹介します。

トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースのフロントビュー

手がけたのは、トヨタのミニバン/小型バスの企画、開発、生産を受け持つトヨタ車体で、同モデルの狙いはホテルや空港の送迎など「上級送迎車としてのニーズを満たすこと」としています。

プラットフォームは新規開発で、アンダーはストレートラダー構造、上屋は環状骨格が採用されていて、駆動方式はFRです。トヨタには全長5300×全幅1970×1990mm・ホイールベース3210mmという巨体をまかなえるプラットフォームはなく、アルファード/ヴェルファイア(アル/ヴェル)はFFベースで、このグランエースは先述したようにFRを採用。

トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースのリヤビュー

また、「グランエース」という車名から想像してハイエースの上級モデルなのでは? という見方もできると思いますが、「エース」というモデル名は確かに被っているものの、決してハイエースの上位モデルという位置づけではないそう。あくまで、スペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と英語で「第1人者・優れた者」を意味する「ACE」からの造語から命名したとしています。

外観は、そのサイズにふさわしい堂々たるものですが、フロントマスクのグリルなどによる押し出し感は、アルファード/ヴェルファイアほどではありません。また、真後ろから眺めると、空間効率を追求した超ボクシー(四角い)フォルムなのがうかがえます。サイドから眺めると、撮影車両が黒ということもあってか、どことなくメルセデス・ベンツVクラスのようなイメージとも受け取れそう。

トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースのインパネ

パッケージはセミボンネットで、3列シート6人乗り、4列シート8人乗りの2タイプが設定されています。写真の3列シート6人乗り仕様には、アルファード/ヴェルファイアの上級グレードのようなゴージャスなオットマン付シートが2列目と3列目に付いていて、極上の座り心地を提供。なお、3列目への乗降は電動でウォークインさせられるほか、アル/ヴェルのような手動のウォークイン機構も備わっています。

トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースの2列目シート

搭載されるエンジンは、2,754ccの「1GD」のクリーンディーゼルで、6速ATと組み合わされています。なお、ディーゼルエンジンを積んでも会話明瞭度はアルヴェル並だそうで、タイヤの切れ角を大きくするなど、取り回しにも配慮したというグランエース。

トヨタ グランエース
トヨタ・グランエースの3列目シート
トヨタ グランエース
3列目の乗降は、2列目の電動スライドに加えて、手動ウォークインでも素早くできる

法人、フリート契約だけでなく、個人ユーザーからも熱い注目を集めそうな大型ミニバン。キャンピングカーのベース車としても各ビルダーが手ぐすね引いてまっていそうな巨体になっています。

トヨタ グランエース
3列目にもスライド機構を備え後ろに荷物を積める

(文/塚田勝弘 写真/角田伸幸、塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事
AOSHIMA JPN TAXI
2019年のXmasプレゼントはコレ!  東京のタクシーを忠実に再現したアオシマの凄いプラモデル
トヨタの「24時間 2,200円」格安レンタカーサービスが人気! 全国展開へ
トヨタ ライズ
「小さくても広く使える」コンパクトSUVのトヨタ・ライズが大人気の理由とは?【新車】
改正道路交通法対策! スマホ保持してくれる「マルチディスプレイホルダー」があの「TRD」から発売されるわけは?
トヨタ コペンGRスポーツ
ボディー補強に空力改善。ボディー下部には秘密がいっぱい!【コペン GR スポーツ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事