日独6メーカーが揃い踏み!日本の3メーカーのGT500マシンがホッケンハイムを激走【SUPER GT・DTM交流戦】

スーパーGTホッケンハイム_001

●GT500車両が3台揃ってホッケンハイムを走行!

DTM最終戦が開催されるホッケンハイムリンク。搬入日となった3日・には、いよいよ待ちに待ったGT500車両が史上初めて、ここホッケンハイムで3台揃っての走行となりました。

スーパーGTホッケンハイム_002
ホッケンハイムの1コーナーに進入するLC500

2年前に実現したスーパーGTとDTM車両によるデモ走行では、レクサスと日産の2台のみの参加だったため、NSX-GTがホッケンハイムを走行するのは今回が初めてのことになります。

スーパーGTホッケンハイム_003
「黒い森」高速コーナーパラボリカからヘアピンに向けて疾走するGT-R

「黒い森」と呼ばれ、超高速サーキットのイメージがあるホッケンハイムですが、2002年の改修で南北2本のストレートとそれをつなぐオスト・カーブがばっさりと削除され、全長6.8kmあったコースは現在の4.574kmのコースレイアウトに変更されました。

スーパーGTホッケンハイム_004
ヘアピンからメルセデススタンドを望むNSX-GT

ヘルマン・ティルケの手によって改修された現在のコースには、新たにパラボリカと呼ばれる高速コーナーとヘアピン、そしてそこから続くメルセデスが新たに作られました。

スーパーGTホッケンハイム_005
高速コーナーパラボリカを全開で走り抜けるLC500

現在このコースのコースレコードは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2018年に出した1’11.212、DTMでは今年のDTM開幕戦でBMW M4 DTMのフィリップ・エンゲが出した1’28.978となります。

スーパーGTホッケンハイム_006
ヘアピンを立ち上がるGT-R

スーパーGTが開催されているサーキットの中では、タイはブリーラムのチャーン・インターナショナルサーキットが全長4.554km、GT500のコースレコードが今年の6月に6号車WAKO’S 4CR LC500の山下健太選手が出した1’23.260ですので、車両条件などの違いはありますが、若干ブリーラムよりテクニカルコースなイメージになるかと思います。

スーパーGTホッケンハイム_007
メルセデスにアプローチするNSX-GT

そして木曜日の走行後には、今回参戦する全車両による記念撮影も行われました。

スーパーGTホッケンハイム_008
走行後に談笑する選手たち

走行後の選手たちもリラックスした様子で、ホッケンハイムの雰囲気を楽しんでいたようです。

スーパーGTホッケンハイム_009
DTMとスーパーGT、両車両による記念撮影

いよいよ4日にはDTM全車揃ってのフリープラクティス、そして土日には予選決勝が行われる予定です。

(H@ty)

【関連記事】

いよいよスタートするスーパーGTとDTMの交流戦。ヨーロッパに上陸したスーパーGTのマシンたち【SUPER GT・DTM交流戦】
https://clicccar.com/2019/10/04/916894/

『スーパーGT』の最新記事
もてぎでのスターティンググリッド
スーパーGT最終戦もてぎを終えたModulo勢34号車、64号車の2台。2019後半で得たものは?【SUPER GT 2019】(PR)
WAKO'S 4CR LC500
WAKO′S 4CR LC500がチャンピオン決定。その時ピットでは?【SUPER GT 2019】
「ありがとう日本、ありがとうホンダ」ジェンソン・バトンが感謝の意を語る【SUPER GT 2019】
最終戦もてぎ、34号車・64号車のModulo勢2台はタイヤで苦しむ結果に…【SUPER GT2019】
4位チェッカーでチャンピオン死守のARTA NSX GT3
K-tuneあと一歩届かず! ARTA NSX GT3が2019のGT300チャンプ獲得!【SUPER GT2019・もてぎ】
スーパーGTホッケンハイム_001
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事