アイルトン・セナの記録を塗り替えられるか!? SF19が岡山国際サーキットに登場【スーパーフォーミュラ第6戦岡山】

SF岡山_01

●シーズン終盤の岡山ラウンド、チャンピオン争いにも注目!

9月最後の週末となる今週末、岡山県は岡山国際サーキットでスーパーフォーミュラ第6戦が開催されます。

新型車両SF19での初めてのシリーズチャンピオン獲得に向け、今大会は最終戦前の大事な一戦となります。

SF岡山_02
ランキングトップのニック・キャシディ選手

ここまで5戦でのドライバーズランキングは、#37 VANTELIN TEAM TOM’S ニック・キャシディ選手が28ポイントでトップ、それにわずか1ポイント差でディフェンディングチャンピオンの#1 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 山本 尚貴選手が2位、3位には首位から8ポイント差のルーキー#64 TCS NAKAJIMA RACING アレックス・パロウ選手、そして4位には#18 carrozzeria Team KCMG 小林 可夢偉選手が9ポイント差で追いかける形となっています。

SF岡山_03
ランキング2位、ディフェンディングチャンピオンの山本尚貴選手

スーパーフォーミュラでは優勝に10ポイント、予選ポールポジションに1ポイント、そして最終戦鈴鹿では優勝ドライバーにプラス3ポイントが加算されることになっていますので、計算上は25ポイント差まではシリーズチャンピオンの可能性を残していると言えますが、ランキング5位の#39 JMS P.MU/CERUMO・INGING 坪井 翔選手が16ポイント差を逆転するのは、今大会の結果にもよりますが、現実的にはなかなか難しいのではないかと思われます。

SF岡山_04
今シーズンルーキーながらランキング3位のアレックス・パロウ選手

今シーズンのこれまでの走りを見ていると、一発の速さで言えば山本選手やパロウ選手、決勝での粘り強い走りや強さで言えばキャシディ選手や小林選手に分があるように思いますので、この4選手には特に注目していきたいと思います。

SF岡山_05
去年もここ岡山で2位となった小林可夢偉選手。早く1勝が欲しいところ

また、速さという点で言うと、ここ岡山国際サーキットでは1994年と95年にF1が開催されたことをご存じの方も少なくないと思います。そしてここ岡山国際サーキットのコースレコードは、あのアイルトン・セナが今も保持しているということはご存知でしたでしょうか?

セナ選手がレース中の事故で他界した1994年5月1日、そのわずか2週間前に、ここ岡山国際サーキット(当時の名称はTIサーキット英田)で開催されたF1パシフィックグランプリの予選で、セナ選手が記録した1’10.218。このタイムは20年以上経った今でも破られずに残っています。

SF岡山_06
スーパーフォーミュラでのレコードホルダー、石浦宏明選手

スーパーフォーミュラでのコースレコードは、2015年に#38 JMS P.MU/CERUMO・INGING 石浦 宏明選手がSF14で記録した1’12.429となっています。新型車両SF19とフロントタイヤが幅広になり熟成も進んできたヨコハマタイヤで、果たしてこの記録を塗り替えることができるのか、どこまでセナの走りに近づくことができるのか、予選から見どころは満載です。

SF岡山_07
日本一速い男は一体誰になるのか?

シリーズの天王山となるスーパーフォーミュラ第6戦。この週末はぜひ岡山まで足を運んで、日本のトップレベルの走りをその目で見てみてください!

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
マカオGP_ソフィア_001
事故から1年。あのドライバーがマカオに帰ってきた!【Macau Grand Prix 2019】
岡崎SSを走るヤリスWRC
「おかざきクルまつり」の中を走ったスペシャルステージ!【CENTRAL RALLY AICHI/GIFU 2019】
愛知県で勝田選手が駆るトヨタのWRCマシンが吼えた! 【おかざきクルまつり】
バトン_サンクスデー_001
スーパーGTでの活動を終えたジェンソン・バトン選手の日本での最後の1日を追った【HRTD】
ホンダレーシングサンクスデー_01
あのドライバーも登場!? ホンダレーシング・サンクスデーがツインリンクもてぎで開催【HRTD】
SF岡山_01
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事