トヨタとスバルが提携関係を強化。AWDモデルの共同開発にセリカ復活を期待【週刊クルマのミライ】

● 両社の強みを持ち寄り、最高に気持ちの良い AWD モデルを共同で開発すると宣言

トヨタがSUBARUへの出資比率を上げることが発表されました。コネクテッドや自動運転など自動車変革の時代においてスケールメリットが生き残りには欠かせないということなのでしょう。しかし、トヨタとSUBARUの関係はそれだけではありません。今回の提携強化に当たり、トヨタとSUBARUの協業による新たな開発テーマが掲げられました。

① 両社の強みを持ち寄り、最高に気持ちの良い AWD モデルを共同で開発
② TOYOTA 86 / SUBARU BRZ 次期モデル共同開発

86/BRZがフルモデルチェンジを行なうということは、身近で手頃なスポーツカーが守られるということですが、それよりも気になるのは「最高に気持ちの良いAWDモデル」という表現です。トヨタとSUBARUが気持ちの良いと考えるのはおそらくスポーティなクルマです。だとすると、思い当たるのはあの一台しかありません。

WRX STI EJ20 Final Edition prototype
東京モーターショーで公開予定のWRX STI EJ20 Final Edition(プロトタイプ)

そうです、SUBARUのスポーツフラッグシップであるWRX STIです。その将来モデルをトヨタと共同開発、兄弟車が生まれることを暗示していると思えるのです。すでにBMWとトヨタによるスポーツカーの共同開発からは、Z4とスープラという2台の異なるスポーツカーが生まれています。仮に同様のことが起きるとすれば、WRX STIとメカニズムを共有するトヨタのAWDスポーツカーが生まれるということが予想されるのです。

そして、トヨタにAWDスポーツが誕生するとすれば、思い浮かぶのは「セリカGT-Four」という車名しかないでしょう。

かつてWRC(世界ラリー選手権)において、トヨタに何度もチャンピオンの栄光をもたらしたセリカGT-Four。その名前が、WRCで勝つという強い意思を名前のルーツに持つWRX STIの兄弟車として蘇るとしたら、ラリーファンにとってはたまらないモデルとなること請け合いです。

Celica_GT-Four_ST165_WRC
トヨタ・セリカGT-Four 1990年サファリラリー優勝車

奇しくも、2020年にWRCが日本で開催されることが明らかとなりました。また、WRX STIは長年使ってきたEJ20型エンジンと別れを告げることも発表されています。もちろん、いまの段階で発表してすぐにニューモデルが間に合うはずもありませんが、WRCへの注目度が上がっていくであろうタイミングだからこそ、”最高に気持ちの良い AWD モデル”に期待が高まってしまいます。

(山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
SIP-adus試乗会には、トヨタ・日産・ホンダ・SUBARUといった自動車メーカーのほか、コンチネンタルやヴァレオといったサプライヤー、そしてティアフォーのようなベンチャー、金沢大学の8団体が参加した
自動運転実現のために必要なインフラを考える「SIP」とは?【週刊クルマのミライ】
ホンダ・三部社長
日本の未来は「カーボンニュートラル燃料」なのか「完全電動化」なのか。2つのトップ会見から考える【週刊クルマのミライ】
2022 Honda Civic Sedan Touring
ホンダが11代目シビックを北米で発表。史上初アメリカ生産となるハッチバックはどんな姿になる?【週刊クルマのミライ】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事