新型SUVで販売攻勢をかける? マツダが米国に工場建設

●利幅が大きいSUVで販売攻勢をかけるマツダ

マツダが同社の世界販売の約2割を占める米国に新工場を建てるそうです。2年後にはトヨタと組んで新型SUVを生産する模様。

米国では消費者のSUV志向が2014年頃から顕著になっており、本年8月にはCX-5やCX-3の好調に伴い昨年6月以来の販売増(+6.5%)に転じています。

CX-5

新工場の稼動で生産能力がさらに上乗せされ、マツダは利幅が大きいSUVで販売攻勢をかけるようです。

CX-3

日経新聞によると、新工場は、15万台/年の生産能力を持ち、フル稼働すれば同社の生産台数が10%程度増加する模様。

主力のCX-5に加え、CX-9、新工場で生産する新型モデルなど、多くのSUVが揃うことになり、米国における販売拡大と共に、新型SUVの日本展開の可能性についても注目されます。

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連記事】

米国での日本車販売台数が8ヶ月ぶり前年増。台数増に貢献した「あのクルマ」たち
https://clicccar.com/2019/09/10/910143/

渋滞・夜間時のドライバーの負担を軽減する「MAZDA2」の新機能とは?
https://clicccar.com/2019/07/20/887179/

「MAZDA3」も採用。東芝製HV用二次電池を自動車各社が採用する訳とは?
https://clicccar.com/2019/05/29/825259/

「アクセラ」改め「Mazda3」。社名入りのネーミングに変更した理由とは?
https://clicccar.com/2019/05/26/823562/

『マツダ』の最新記事
マツダ 6
マツダらしい「人馬一体感」を味わえるFF系スポーティセダンの真骨頂【MAZDA6試乗記】
高齢者体験08
最新マツダ車が採用するオルガンペダルは高齢者のペダル踏み間違い防止にも効果あり!
マツダ3ファストバック
人間中心のドライビングポジションがクルマを安全に走らせる要だ!【新車】
もみじ饅頭
創立100周年のマツダがもみじ饅頭とコラボ! 歴史を飾った名車の特製カード付き!
マツダ CX-30
シティ派クロスオーバーSUVの「CX-30」をタフな林道コースで走破してみた【マツダSUVオフロード試乗会】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事