渋滞・夜間時のドライバーの負担を軽減する「MAZDA2」の新機能とは?

マツダが7月18日、5ドアハッチバック「デミオ」の改良に伴い、国内向けの名称であるデミオを廃止。車名を海外で使ってきた「MAZDA2」に統一して予約受注を開始しました。

今回の改良では、前走車自動追従機能を新たに時速30km/h以下の低速でも使用可能として、渋滞時等のドライバーの負担を軽減すると共に、対向車だけを自動で避けながら照射できるハイビームの精度を高め、暗路での安全性能を向上。

夜間における「ALH」(アダプティブLEDヘッドライト)のより早い危険察知を追求。左右20ブロックに分割したLEDを個別に点・消灯するシステムとなっています。

なお、MAZDAでは同車の正式発売を9月12日に予定しているそうです。(154.4万円~)

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連リンク】

MAZDA2
https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

『マツダ』の最新記事
マツダ ロードスター
マツダ・ロードスター/RFが一部改良。新ボディカラーや内装の質感向上、新アルミホイールで走りをブラッシュアップ【新車】
マツダ2
マツダ2は走りのクオリティでライバルを迎え撃つ【新型MAZDA2試乗記】
MAZDA2はマイナーチェンジ前の「デミオ」からどう変わった?【新型MAZDA2登場】
変わったのは名前だけじゃない。乗るとデミオとの違いが沁みてくる【新型マツダ2試乗】
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」が「MAZDA CX-30」の新車装着タイヤとして選定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事