渋滞・夜間時のドライバーの負担を軽減する「MAZDA2」の新機能とは?

マツダが7月18日、5ドアハッチバック「デミオ」の改良に伴い、国内向けの名称であるデミオを廃止。車名を海外で使ってきた「MAZDA2」に統一して予約受注を開始しました。

今回の改良では、前走車自動追従機能を新たに時速30km/h以下の低速でも使用可能として、渋滞時等のドライバーの負担を軽減すると共に、対向車だけを自動で避けながら照射できるハイビームの精度を高め、暗路での安全性能を向上。

夜間における「ALH」(アダプティブLEDヘッドライト)のより早い危険察知を追求。左右20ブロックに分割したLEDを個別に点・消灯するシステムとなっています。

なお、MAZDAでは同車の正式発売を9月12日に予定しているそうです。(154.4万円~)

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連リンク】

MAZDA2
https://www.mazda.co.jp/cars/mazda2/

『マツダ』の最新記事
マツダフェイスシールド装着状態
マツダがフェイスシールドフレームを生産。チーム広島でコロナに打ち勝て!
マツダ100周年
マツダ100周年〜コルク製造会社から世界で唯一無二のユニークな自動車メーカーへと成長するまでを、自動車の歴史とともに辿る【2020年5月27日更新】
マツダが『グランツーリスモSPORT』にバーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供
Mazda MX-30
マツダ初のピュアEV「Mazda MX-30」の生産を開始!! 「e-SKYACTIV」搭載し欧州で先行予約、気になる価格は?
マツダ CX-3
マツダ・CX-3に1.5Lガソリンエンジン車が追加。100周年特別記念車も設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事