日産キューブが年内で生産終了するも、待望の新型ジュークが欧州でデビュー【新車】

●エクステリアはよりシャープに。リアの居住性も向上!

朝日新聞や日本経済新聞などの一部報道によると、日産キューブの生産が2019年12月に終えると決定したそうです。現行キューブは今冬で11年目を迎えますが、フルモデルチェンジをせずに姿を消すことになります。

日産ジューク
新型日産ジューク(欧州)仕様のフロントビュー

一方、Bセグメント級SUVでライバルに先行したジュークは、ここ数年、フルモデルチェンジの噂がありました。ついに、欧州で新型が発表されました。コンパクトSUVは、日本だけでなく欧州勢も注力していて、今回はロンドン、パリ、ミラノ、バルセロナ、ケルンの5つの都市で同時に新型ジュークが発表されました。新型ジュークは、英国サンダーランド工場で生産され、欧州市場において11月末からデリバリーが開始される予定です。

日産ジューク
欧州で発表された新型日産ジュークの前後デザイン

登場以来、日産ジュークは、欧州のユーザーから多くの支持を集めていて、これまでに約100万台販売されていて、新型は洗練された魅力的なデザインと最新の先進技術を採用。評価されてきた高い実用性やパフォーマンスをさらに向上させたそう。
新型ジュークの見どころはやはりエクステリアデザインでしょう。フローティングルーフによるクーペを彷彿とさせるデザインと、印象的な19インチアルミホイールによって、躍動的な外観が表現されています。

『日産自動車』の最新記事
日産の西川社長
日産西川社長が辞任を発表。いったいどんな悪いことをしたのか?
日産・スカイラインの予約受注が好調。「400R」は40代以下のユーザーに支持される【新車】
スタイリッシュな外観が魅力。日産・NV350キャラバン プレミアムGX アーバンクロムが新登場
日産NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」
【新車】踏み間違い防止アシストも用意。日産のNV100 クリッパー リオ「チェアキャブ」が一部改良で先進安全装備を充実
日産セレナ「AUTECH」
【新車】セレナのMCにあわせて、オーテックジャパンのカスタムカーと福祉車両もマイナーチェンジ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事