プラグインハイブリッドらしい力強い走りと高い静粛性はまさにゴルフの高級グレード!【フォルクスワーゲン・ゴルフGTE試乗記】

■電動車らしい出足からの鋭い加速

●EVモードでも最高速は130km/h!

フォルクスワーゲン・ゴルフシリーズに、2.0Lディーゼルエンジンが加わったことで、ガソリン、ディーゼルエンジンから選択できるようになりました。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEの走り

さらに忘れてならないのが、プラグインハイブリッドのゴルフGTE(ピュアEVのe-ゴルフもあります)。ハイブリッド燃費19.9km/L(JC08モード燃費)、EV走行換算距離(等価EVレンジ)45.0km/Lという低燃費に加えて、電動化車両らしい出だしからの鋭い加速が味わえます。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEのリヤビュー

以前お伝えしたように、ディーゼルターボTDIエンジンの追加により、今回、ゴルフGTEにもあらためて試乗する機会がありました。エンジンは1.4Lの直列4気筒ガソリンターボで、150PS/5000-6000rpm、250Nm/1500-3500rpm、トランスミッションは6速DSG。109PS/330Nmというアウトプット。204PS/350Nmというシステム出力を誇ります。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEのインパネ

EVモードでも最高速は130km/hに達し、充電状態がよければモーター走行でまかなえます。充電は200Vの普通充電、チャデモにも対応。なお、200Vの普通充電で満充電すると約3時間かかります。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEの充電口はフロントエンブレム内にある

電動化らしく、少し重さを感じさせるゴルフGTEですが、普通に走る分なら十分なトルク感があり、さらに鋭い加速を引き出すには、スポーツモードである「GTE」モードを押すだけでOK。エンジンとモーターによる一気呵成といえるほどの力強い走りが可能です。ほかにも、ハイブリッドモード、先述したEVモードを用意。バッテリー残量に応じて使い分けができます。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEの「GTE」と「Eモード」スイッチ

さらに、ゴルフGTEの美点は、静粛性の高さ、先進的なメーターパネルなどによるハイクオリティなどがあり、高級版ゴルフにふさわしい雰囲気が味わえます。また、ハンドリングもゴルフ・シリーズそのもののフットワークの良さ、直進安定性の高さで、少し硬めで揺すぶられる乗り心地もありますが、上質といえるレベル。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン・ゴルフGTEのメーターパネル

家庭や出先で充電することでEV走行が可能で、バッテリー残量がなくなってもハイブリッドとして走行できますから、短距離はモーター走行、ロングドライブではハイブリッド、充電後にモーター走行という使い方に対応します。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
駆動用バッテリーを元々燃料タンクがあった場所に配置するため、ゴルフGTEの燃料タンクは荷室下に移設されている

価格は469万円と、免税や補助金も合わせても決して安くはありませんが、より上質で先進的なフォルクスワーゲン・ゴルフがある生活を楽しむのであれば選択する手もありそうです。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
Volkswagen_and_Greece_to_create_model_island_for_climate-neutral_mobility
必要なクルマの台数は2/3に激減!? フォルクスワーゲンのEV社会実験が示す未来とは?
フォルクスワーゲン Tロック
小回りが利くコンパクトサイズでも車内とラゲッジは十分なサイズを確保【フォルクスワーゲンT-Roc試乗記】
フォルクスワーゲンTロック
ティグアンよりも300kg軽い車両重量を活かした、キビキビした走りが魅力【フォルクスワーゲンT-Roc試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事