【マジメに実験してみた】炎天下の車内に牛肉を置いたら、過去最高に美味しいローストビーフができた!?

●真夏の直射日光に晒された車内は便利に使えるほど危険

朝9:30。直射日光が当たらないようにダッシュボードに置いておいた温度計は、すでに50℃を超えていました。「よし、決行だ!」。

今日の予想最高気温は36度。天気予報は晴れ時々曇り。午前中のほうが雲が少なそうな予報でした。早めにスタートしておきたいところです。

「ダッシュボードでローストビーフを作る」。なぜそんなことを思いついたか? 昨今「低温調理」って流行ってますよね。特に塊肉を焼く場合は、肉の中まで火が通るのに時間がかかります。強火で焼くと中までほどよく火が通る前にまわりが焦げてしまいます。それを避けるには、比較的低温で、時間をかけてじっくり火を通すのがいいわけです。

ローストビーフをミディアムレアで作るには中心温度が57℃くらいというのが目安だそうです。それよりは高い温度で、でも高すぎない温度で時間をかけて焼けば、全体が均一にロゼ色になるような、憧れのローストビーフが作れるはず。

そして、ある暑い日に炎天下に置いておいたクルマに乗り込んだときに僕は気づいたのです。「真夏のダッシュボード上って、その条件にぴったりじゃね?」

直射日光を避けても50℃を超えているなら、直射日光を当てればもっと温度は上がるはずです。しかも昼過ぎにかけてもっと気温は上がるでしょう。西友で買った輸入モノの牛塊肉にサラダ油を薄く塗り、バットに並べます。

そして、南に向けて駐めてあるマイカーのダッシュボード上に置きました。焼き始めたのは9:50頃でした。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事