マクラーレン・スポーツシリーズのエアロダイナミクスと見た目を向上させる「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」が登場

●「570S Coupe」と「570S Spider」のために開発されたHDK

マクラーレン・スポーツシリーズのオーナーがビジュアルとエアロダイナミクスを大幅にアップグレードすることができる「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」が、マクラーレン純正アクセサリー・シリーズとして発売されています。

「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」
マクラーレン・スポーツシリーズ用「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」

「570S Coupe」と「570S Spider」のためだけに「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)」により設計された「HDK」 は、マクラーレン正規販売店のみで入手可能で、試乗も実施されています。

具体的には、リヤウイングと床面下のガイドベーンからなり、直接的な空気の流れをさらに向上させるパーツで、ともに最適なエアロダイナミクス・バランスを維持する役割も担います。

「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」
「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」のリヤウイング

「HDK」を装着することでダウンフォースがさらに75kg増大し、高速でのコーナリング性能の向上を含めた、あらゆる速度域でのハンドリングを引き上げるそう。

ビジュアル面でも強いインパクトを与えるリヤウイングは、スポーツシリーズのクーペ/スパイダーのエクステリアをより引き立てます。マクラーレンがスポーツモデルのために開発、テストしたのはこのタイプのリヤウイングだけで、「HDK」のリヤウイングは、アクセサリー以上の価値があるとしています。

「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」
「ハイ・ダウンフォース・キット(HDK)」のリヤウイング

軽量で強いカーボンファイバー製のリヤウイングはビジュアル・カーボン仕上げになっていて、エアロダイナミクス特性を最大限高めるための形状であるのはもちろん、中央の窪みが車体の曲線的な美しさを強調。

さらに、グロスブラックのアルミニウム製パイロンと対照的なパラジウムグレーのインレイが、ウイングを支持し、中央の高い位置に組み込まれています。ウイングのエンドプレートにもパラジウムグレーのインサートが配されていて、上部ラッカーによるコーティングの下には、MSOロゴが用意されています。

(塚田勝弘)

『マクラーレン』の最新記事
ノビテック マクラーレン_013
マクラーレン・セナをカスタムチューン! GTR超えの902馬力を発揮する過激モデル
ロングテールの最新モデル! 765PS / 800Nmを誇るマクラーレン765LTがデビュー!!【新車】
マクラーレン・スピードテール07
注目は空力ボディ? マクラーレンSpeedtailが403km/hの最高速を記録 
マクラーレン Elva外観_004
4WD化で0-100km/h=2.3秒を実現。マクラーレン次世代エンジン&プラットフォームを2020年3月発表!
McLaren 720S
2019年のXmasプレゼントはコレ! 大きさ以外は「ほぼ実車」の乗用玩具が流行中
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事