【SUPER GT2019】ラスト1分の攻防が凄まじかったタイの予選

6月29〜30日にタイのチャン・インターナショナル・サーキットで開催中の「2019 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE」。その予選が29日に行われました。

見事ポールポジションを獲得したのは25号車 HOPPY 86 MC。なんと2戦連続でのポールポジションを獲得です。

ですが、易々とポールポジションを獲得したわけではありません。Q2のラスト2分は毎周ごとにトップが入れ替わるというサバイバルマッチ! その相手が56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rでした。

そもそもこのチャン・インターナショナル・サーキットでのコースレコードはHOPPY 86 MCが持っていましたが、それを更新、また更新と2台の激しいタイム争いの末にHOPPY 86 MCがただひとり31秒台に突入の1分31秒839を出してポールポジション!

経済的な理由によるチーム存続の危機など様々な噂や報道がなされていたHOPPY 86 MCとつちやエンジニアリングですが、そんな雰囲気を吹き飛ばす2連続ポールポジションで30日の決勝を迎えます。

なお、予選3位にはD’station Vantage GT3が入っています。決勝レースはタイ現地時間で30日15時、日本時間で17時から始まります。

(写真:松永和浩・高橋秀彰 文:松永和浩)

『モータースポーツ』の最新記事
トップを走る8号車
2019WEC富士6時間レースを制したTOYOTA GAZOO Racing。実は富士では圧倒的強さを誇っていた。
2019F1日本GP
ドライバーの素顔が分かる?プレスカンファレンスに初潜入してきました【F1日本GP2019】
DTMグリッドガール_000
DTMで魅せた!グリッドガール全車ならぬ全者総覧【SUPER GT・DTM交流戦】
ホッケンハイム雑感_018
現地で感じた自動車大国ドイツの自動車事情と日独交流戦の今後【SUPER GT・DTM交流戦 雑感】
ホッケンハイム_クラシックカー_001
懐かしのレーシングカーが大集合。栄光のマシンたちによるデモランとレースが開催【SUPER GT・DTM交流戦】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事