【新車】日産・NV100クリッパー/NV100クリッパー リオがドライバーサポート、安全装備を強化

●安全装備の搭載で一部グレードは「サポカーS ワイド」に該当

日産自動車は、スズキからOEM供給を受けている軽バンの「NV100クリッパー」、軽ワゴンの「NV100クリッパー リオ」の一部改良を2019年6月24日に実施しました。

「NV100クリッパー」は、利便性や低燃費、優れた取り回し性、高い積載性能を兼ね備えた軽商用バン。「NV100クリッパー リオ」は、さらに広い荷室と多彩なシートアレンジにより、日常ユースから軽キャンパーのベース車になるなど、レジャーまで幅広いシーンで活躍。

両モデルには、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの安全装備も用意されています。

今回の一部改良では、LDW(車線逸脱警報)、インテリジェント DA(ふらつき警報)、先行車発進お知らせ、ハイビームアシスト、オートライトシステムなどをNV100クリッパーの「DX セーフティ パッケージ」「DX GL セーフティ パッケージ」「GX(4AT車)」「GXターボ」に標準装備。「NV100クリッパー リオ」の全グレードにも標準装備され、さらに安全性が引き上げられています。

また、NV100クリッパーは、標準ルーフの「DX」「DX GLパッケージ」「DX GL セーフティ パッケージ」でシングルクラッチ2ペダルの5AGSから4ATに変更。また、ハイルーフの「DX」「DX セーフティ パッケージ」には、オーバーヘッドシェルフが標準装備されるなど一部仕様変更を受けています。

NV100クリッパーの「DX セーフティ パッケージ」「DX GL セーフティ パッケージ」「GX(4AT車)」「GXターボ」。ならびにNV100クリッパー リオの全車は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト(自動切替型前照灯など)の採用により、「サポカーS ワイド」に該当します。

また、NV100クリッパーは、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置により、自動車取得税及び自動車重量税が一部グレードで免税、または減税になります。NV100クリッパーの価格帯は、1,111,320円〜1,560,600円。NVクリッパー リオは1,681,560円〜1,897,560円。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事

学生が考える日産のビジネスプランとは? 7大学+α対抗プレゼンバトル2019が開催
EVと音楽を融合させたライブイベント「NISSAN Presents FORMULA E EXTRA BOOST Final」が7月15日に開催
『ウルトラマンタイガ』の劇用車に日産・エクストレイルが登場
ルノー・日産連合がグーグル系ウェイモと無人運転の完全自動運転分野で連携へ
日産自動車が「ニッサン インテリジェント モビリティ」で描く未来像を展示【CES Asia 2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事