今年の夏休みは「東北の旅」がお得。JR東日本とトヨタ、ニッポンレンタカーが東北の観光周遊促進で連携

●豊富な観光コンテンツを有する東北の旅を快適に!

2019年6月17日、JR東日本とトヨタは、東北の観光周遊促進で連携すると発表しました。トヨタ(トヨタ自動車東日本)は宮城県や岩手県にコンパクトカーなどの生産を移管していて、東北が国内の生産拠点のひとつになっています。

両社は5月より東北周遊促進レンタカーキャンペーン「FUN FIND 東北キャンペーン」を実施していましたが、業界の枠を超えた連携で東北の活性化に取り組むべく、ニッポンレンタカーサービス(ニッポンレンタカー)とともに、商品・コンテンツのさらなる充実と訪日旅客向けにも告知を拡大するとしています。

東北エリアは豊かな自然や神社仏閣など豊富な観光資源を有していますが、広大なエリアに点在しているうえ、昨今の増加する個人旅行者ニーズにも的確に対応するため、東北への誘客と二次交通の利便性向上を目的に、レンタカー利用キャンペーンを実施します。

キャンペーンでは、東北のレンタカー会社が参画することで通常よりもお得な価格でのレンタカー利用が可能になるだけでなく、協力各社などからの観光コンテンツを元に、東北エリアの様々な魅力が発信されます。

さらに、拡大する訪日旅行需要に対応するべく、レンタカー利用の高い国・地域向けに、同キャンペーンサイトを多言語化(英語・中国語繁体字・韓国語・タイ語)するほか、現地旅行会社における商品の設定および現地インフルエンサーの招聘を行い、訪日旅行客の東北エリア誘客とレンタカー利用促進に取り組むとしています。

また、旅行会社と連携して、東北への旅行時に便利な訪日外国人旅行者向けの鉄道パス「JR EAST PASS(TOHOKU)」と、東北エリアでの周遊に便利なレンタカー(「トヨタレンタカー」または「JR駅レンタカー」)の告知強化や商品設定を同キャンペーンに合わせて実施します。

キャンペーンの商品例として、様々なタイプのレンタカーが東北エリアの参画レンタカー会社営業所で用意されていて、ニーズに合わせた商品をキャンペーンサイトから選んで利用できるものなどがあります。詳細はキャンペーンURLをご参照ください。

たとえば、「えきねっと+駅レンタカープラン トヨタスペシャル(JR駅レンタカー)」は、「えきねっと」で列車のきっぷを申し込むと、対象営業所の「JR駅レンタカー」がトヨタ車限定で25%割引されます。たとえば、ヴィッツを24時間借りると通常価格(税込)8,100円が6,070円になります(免責補償料金込)。

ほかにも、JR駅レンタカー・トヨタレンタカーの単品利用の場合、ヴィッツを1泊2日で借りると通常価格(税込)15,120円が12,420円になります(免責補償料金込)。ニッポンレンタカーでもヴィッツを24時間借りると、通常価格(税込)7,020円が5,265円(免責補償料金別)になります。

今年の夏休みはJRとレンタカーを使ってお得に東北の旅を楽しむのもよいかもしれませんね。

■名称:FUN FIND 東北キャンペーン
■日時:2019年8月1日(木)~9月30日(月)レンタカー出発日基準。8月10日(土)~17日(土)を除く。
■対象か所:東北エリアの「JR駅レンタカー」、「トヨタレンタカー」、「ニッポンレンタカー」

(塚田勝弘)

【関連リンク】

FUN FIND 東北キャンペーン
https://rent.toyota.co.jp/cp/tohoku/

『トヨタ自動車』の最新記事

来場者を「おもてなし」するマスコットロボットが実現する、トヨタの「移動」【 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
【新車】トヨタ・コースターがマイナーチェンジ。 ディーゼルエンジン仕様に尿素SCRシステムを搭載し、エコカー減税の対象に
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事