【新車】3列シートSUVに大型化された新型メルセデス・ベンツGLEが登場。価格は9,400,000円〜

●大型化により居住性が大幅に向上。MBUXを搭載する新型GLE

メルセデス・ベンツ Mクラス改め、GLEを名乗っていたプレミアムSUVが2019年6月18日にフルモデルチェンジを受けました。

実質的にGLEとしては初のフルモデルチェンジで、Mクラスから数えて4代目になります。注文受付は18日から開始され、納車は「GLE 450 4MATIC スポーツ (ISG搭載モデル) 」が18日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」は8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降が予定されています。

GLEは、前身の「Mクラス」が1998年に誕生して以降、メルセデス・ベンツSUVの中核モデルとして進化を遂げ、SUVらしい力強さとスポーティネスを表現したエクステリアデザイン、上質感あふれる内装、オン/オフロードともに優れた走行性能を備え、プレミアムSUVというカテゴリーを創出。2015年10月には名称を現在のGLEに改め、EクラスファミリーのSUVとしての位置づけが強化されています。

4世代目となる新型GLEは、内・外装のデザインが一新され、最新技術と装備を搭載して生まれ変わっています。オンロードでは、高い俊敏性を、オフロードでは卓越した走破性を実現したとしています。

キャビンが大幅に拡大し、同モデルで初めて3列目シートが設定され乗車定員が7名になったほか、新型Aクラスで導入されたインフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを用意。

グレード展開は、GLE初の4気筒クリーンディーデルエンジンが搭載された「GLE 300 d 4MATIC」、静かでスムーズな直列6気筒クリーンディーゼル搭載の「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」、直列6気筒ガソリンと「ISG」が搭載された「GLE 450 4MATIC スポーツ」を用意。

「GLE 300 d 4MATIC 」には出力を高めた2.0L直列4気筒ディーゼルエンジンの「OM654」が搭載され、最高出力 245PS(180kwW)、最大トルク500Nmを発生。「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」には、最高出力 330PS(243kW)、最大トルク 700Nm を誇る3.0L直列6気筒クリーンディーゼル「OM656」を搭載しています。

「GLE 450 4MATIC スポーツ」には、コンパクトな3.0Lリッター直列6気筒ガソリンエンジンの「M256」とともに、「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」「48V 電気システム」などの新技術を搭載することで、効率性、快適性、高性能化を同時に実現。

エンジンのみで最高出力 367PS(270kW)、最大トルク500Nmを発生させ、さらにエンジンとトランスミッションの間に配置された電気モーター「ISG」と「48V 電気システム」により、最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生。

トランスミッションは、9G-TRONIC オートマチックが組み合わされています。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現したとしています。

「GLE 300 d 4MATIC」には、前後 50:50 の固定トルク配分となる4MATICを、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」と「GLE 450 4MATIC スポーツ」には前後 100-0%〜0-100%の連続可変のトルク配分を行うことで、オンロードとオフロードの性能をさらに高いレベルで両立させた新開発の4MATICが採用されています。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【新車】新型メルセデス・ベンツAクラスセダン発売を記念した特別仕様車「A 250 4MATIC セダン Edition 1」は安全装備も完備
新型Aクラスセダン
【新車】メルセデス・ベンツからAクラス セダンが登場。4ドアクーペのような官能的なスタイリングで魅せる
メルセデス・ベンツのピュアEV「EQC」が日本上陸。近未来感とワイド感を強調した外観と先進性あふれる内装が魅力
「メルセデス・ベンツ」ブランド初の電気自動車「EQC」は、航続距離400km、価格は10,800,000円〜
【新車】5台限定! 「メルセデス・ベンツ C 200 Sports designo Limited +」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事