アメ車も本格的なハイブリッド時代へ。人気SUVのシボレー・トレイルブレイザーの次世代型が電動化!

●登場は最短でも2021年か? ハイブリッドシステムを搭載するトレイルブレイザー

シボレーのミドルクラス・クロスオーバーSUV「トレイルブレイザー」の次世代型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

キャッチした開発車両は改良型のテスト車両かと思われましたが、次世代型のテストミュールである可能性が高いことがわかりました。第3世代では、最新世代のボディ・オン・フレームを採用、開発車輌から大型化されると予想されています。

トレイルブレイザーは「ブレイザー」の上位モデルとして誕生。2001年から2008年まで主に北米市場にて販売。ブレイザーと「タホ」の中間的サイズで日本でも人気となり、2012年に登場した2代目では北米を除く世界各国へ投入。「コロラド」ピックアップをベースとし、フロントエンドを共有。パワートレインは2.5リットルと2.8リットルの直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載しています。

シボレーは、2007年にGM・ダイムラー・BMWと共同開発を進めてきた2モードハイブリッド搭載第一号車『タホ ハイブリッド』を発表。以降進化を続けていますが、次世代型トレイルブレイザーもついにハイブリッド化が予想されます。

開発は初期段階と見られ、次世代型の登場は最短でも2021年以降が有力です。

(APOLLO)

 

『Scoop』の最新記事

ポルシェ パナメーラ外観_003
ポルシェ パナメーラの改良型には48Vマイルドハイブリッドが初設定。2ドアやオープンも設定!?
ホンダ フィット クロスオーバー予想CG
新型ホンダ フィットに初のSUVバージョンが設定!? エクステリアを大胆予想
インフィニティ ブラックS_外観003
インフィニティ最速の電動クーペ「ブラックS」がいよいよ市販化?
ブガッティ SUV 予想CG_001
初の3ドアSUV&世界最速モデルを開発中。ブガッティのCEOが語った驚異の計画とは?
アウディ RS Q3 外観_001
0-100km/h加速は驚異の3.9秒。新型アウディRS Q3がニュルで高速テスト
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事