噂の「乗り物酔いしないメガネ」」~シトロエン「SEETROEN(シートロエン)を試してみた!

■本当に乗り物酔いしないのか?

実は私は、今でこそクルマに関わる仕事をしていますが、小学生~高校生までは乗り物酔いの激しいコでした。

そのため、遠足や修学旅行では、いつも一番前の席が私の指定席。もちろん念のために『マイきたろう袋』持参。旅先で撮った集合写真はいつもなんとなくゲッソリ。あまりいい思い出はありません。それもこれも乗り物酔いのせい…。

それがモデル時代のボーイフレンドとのドライブ三昧のお陰で三半規管が鍛えられたのか、いつの間にか乗り物酔いを克服していました。お陰で今の仕事ができています。

とはいえ、船とか体調が万全ではない時の峠道、サーキットなどでは今でも乗り物酔いをすることがあります。

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加減速などが三半規管などに刺激を与え、視覚で見る感覚と平衡感覚とのズレによって引き起こされるそうです。

「シートロエン」は、丸い素通しの円が4つ。円の中にはブルーの液体が入っています。乗り物酔いをすると「なるべく遠くの景色を見るようにするといい」と言いますが、このブルーの液体は視覚の端っこにブルーの液体が地平線のように見えることで、視覚や三半規管を補正することができ、乗り物酔いが解消されるとか。

この「シートロエン」は、シトロエン100周年を記念して「自動車に限らず移動を快適に」ということから誕生。ちなみに元は「ボーディング・リングス」という会社がオリジナル商品を作り、シトロエンからも販売を始めたそうです。

使用方法は、乗り物酔いがしてきたと思ったら「シートロエン」をかけると1~10分ほどで効果が出るそうです(もちろん人にもよりますが)。

左右だけではなく前後方向にも効果あり!

ただし、このメガネをかけての運転はNG。

使用年齢は10歳以上(小さな子どもさんは三半規管が未熟なためらしい)。

ワンサイズですが、メガネやサングラスの上からでもかけられます。

実は私もこれをかけてみましたが、残念ながらお借りしている期間中に乗り物酔いすることがなく、効果はわからずじまい。今度また、船に乗るときなどに試してみたいと思います。

この「シートロエン」はシトロエンのオンラインショップと全国のディーラーで販売されていますが、2019年6月6日現在は完売。入荷は約2週間後(6月20日前後)。ディーラーでもおそらく完売だと思いますが、オンラインショップでの予約はできませんが、ディーラーでは予約可能とのこと。

お値段1万6200円。乗り物酔いで悩んでいる方は一度、使ってみてはいかがですか?

(吉田 由美)

【関連サイト】

シトロエン・オンラインショップ

http://www.citroen-onlineshop.jp/shopdetail/000000000477/

『吉田由美のすべてのすべて』の最新記事
クルマの事故時、頼りになるのは「クルマ版ブラックボックス」と「弁護士特約」
深化する第一線で活躍するジドウシャカメラマンたち~「第5回 花の写真FBグループ展」
心躍るスーパーカーの世界。日本人はやっぱりスーパーカーがお好き~マクラーレンGT/フェラーリF8トリブート
コアラもビックリ! レンジローバーの新型「RANGE ROVER EVOQUE(レンジローバー イヴォーク)」
知らなかった!「Jeepの中のJeep」の証。トレイル・レイテッドのバッジは3種類
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事