【新車】マイナーチェンジを受けたレクサスRXは、より上質な走りも実現

●新型レクサス・RXはボディ剛性の向上やデバイスの最適化により、走行性能も向上

エクステリアデザインの刷新、インパネやシートの使い勝手向上、安全装備のさらなる強化が図られたレクサスRXのマイナーチェンジモデル。2019年8月下旬の発売が予定されています。

走りでは、スポット溶接の打点を増やすとともに、構造用接着剤の接着長も拡大させることで、ボディ剛性を向上。これらにより、優れた操縦安定性・乗り心地を実現したそうです。

サスペンションまわりでは、ハブベアリングの剛性を高めることで、車両の応答性を向上させるとともに、スタビライザーバーの剛性も引き上げられ、アンダーステアの軽減とロールの低減が図られています。

また、コーナリング中にアクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制する「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の採用や、EPSのチューニングなど徹底的な改良を加えることにより、リニアなステアリングフィールと思い描いたラインを正確にトレースできる高い操縦安定性が得られたそうです。

ほかにも、末弟のレクサスUXなどと同様に、ショックアブソーバーに「フリクション・コントロール・デバイス」が追加され、路面からの微小な入力による高周波振動を低減。フラットな乗り味と操舵時の応答性向上を実現したとしています。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
顔が鋭く最新レクサス系に。大幅改良で乗り心地と操縦性もアップ【新型レクサスRX試乗】
スポーツモードで真価を発揮する、大人のスポーツクーペ【レクサスRC F試乗記】
来夏発売予定のオープンカー「レクサス LCコンバーチブル」はこんなクルマ【ロサンゼルスオートショー2019】
幌を閉じても美しい。LEXUS LCのオープンは2020年に日本発売【LAオートショー2019】
レクサス初のEV市販モデル「UX300e」を世界初公開【広州モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事