【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】軽自動車用に開発された最新パワートレインをチェック

■日産・デイズのエンジン「BR06DE」と新開発CVT「JF021E」が展示

5月22日~24日にかけて、パシフィコ横浜にて「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」が開催されました。公益社団法人 自動車技術会が開催する日本最大の自動車技術展で、1992年に初開催して以来、28回目となるおなじみの展示会です。

基本的には自動車技術専門展ですから、アマチュアのクルマ好きが入場しても(入場自体は登録制ですが無料)、なにがなんだかサッパリわからない……なんてことにもなってしまうプロのための技術展です。

さて、そんな人とくるまのテクノロジー展ですが、自動車メーカーやティア1に分類される大手サプライヤーは、最新モデルに採用されている技術を展示、アピールすることも忘れてはいません。たとえば日産自動車は、三菱自動車との協業で開発した新型軽自動車「デイズ」のパワートレインのカットモデルを展示していました。

NA仕様が「BR06DE」、ターボ仕様は「BR06DET」という、いかにも日産らしい型式がつけられた新型エンジンは、日産とルノーの共同開発エンジンである「BR」シリーズの末弟といった位置付けですが、説明員の方にうかがうと日産主導で開発したエンジンとのこと。

けっしてグローバルエンジンを軽自動車に転用したわけではなく、日本市場において欠かすことのできない軽自動車マーケットを十分ににらんで作られたエンジンといえそうです。

その特徴のひとつは、吸気バルブごとに燃料を噴射するデュアルインジェクターの採用ですが、人とくるまのテクノロジー展ではbr06エンジンのカットモデルが展示されていたこともあって、インジェクターの配置をじっくりと見ることできました。

いまや軽自動車のエンジンにおいてコストと耐ノック性向上のバランスにすぐれたデュアルインジェクターは欠かせない技術ですが、その最後発といえる日産が、どのような思いを込めたのかを感じられる展示です。

また、新型デイズには新開発のエクストロニックCVTが組み合わせれています。軽自動車での使用を考えて専用設計された新しいCVTユニットは、その開発・生産を担うジヤトコのブースでもカットモデルを確認することができました。

従来、軽自動車用としては副変速機付きで変速比幅が7.3とワイドなCVTを設定していたジヤトコですが、新開発された「Jatco CVT-S(JF021E)」は軽自動車に最適な変速比幅6.0として、構造をシンプルにすることで軽量化(従来モデル比4.2kg、6%減)に成功しています。さらに、ベルトやボールベアリングを見直すことにより8%ものフリクション低減を実現したことが特徴ということです。

(山本晋也)

『日産自動車』の最新記事
日産 セレナ オーテック
セレナ「AUTECH」がマイナーチェンジ。ドットパターンを強調させたフロントグリルに変身し、上質なインテリアを演出【新車】
日産のスポーティコンパクト「ノート NISMO」の特別仕様車「ノート NISMO Black Limited」が11月に発売【新車】
日産ヘリテージ01
週末は日産グローバル本社ギャラリーで日産の歴史に触れよう。特別展示「NISSAN HERITAGE WEEKEND MUSEUM」が開催中
日産の西川社長
日産西川社長が辞任を発表。いったいどんな悪いことをしたのか?
日産・スカイラインの予約受注が好調。「400R」は40代以下のユーザーに支持される【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事