レクサスRC FのOEタイヤに選定された「ミシュラン パイロット スポーツ 4 S」

日本ミシュランタイヤは、乗用車用ハイスペック・スポーツタイヤ 「MICHELIN Pilot Sport 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)」が、レクサスのスポーツクーペである「RC F」の新車装着タイヤ(OEタイヤ)として採用されたと発表しました。タイヤサイズは、フロントが255/35ZR19 (92Y)、リヤが275/35ZR19 (96Y)。

ドライ、ウェットともに高いグリップ力を誇る「ミシュラン パイロット スポーツ 4 S」は、スポーツカーや高性能車両向けに開発されたパイロットスポーツシリーズのフラッグシップモデルという位置づけです。

安定した接地面と路面に対する高い密着性はドライバーのハンドリングにダイナミックに応答し、状況を問わず走る喜びを実現。

目を惹くサイドウォールには、ミシュラン独自の最新金型加工によるプレミアムタッチデザインが施され、深みのある黒さとベルベットのような高級感のある見た目と手触りにより、高級スポーツカーに求められる上質さを提供するとしています。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
2020年冬に日本で発売される新型レクサスLS。内・外装、走りはどう変わる?
レクサスLS
レクサスの最上級セダンLSがマイナーチェンジ。最新の自動運転技術を搭載【新車】
新型LSエクステリア
レクサスLSがビッグマイナーチェンジで「手放し運転」が可能に【新車】
モデリスタ レクサスLC
一部改良で走りを磨き上げたレクサスLCに「モデリスタ」のエクステリアパーツが登場
レクサスLCコンバーチブル
イタリアの青の洞窟をモチーフにした60台限定「LC500 Convertible“Structural Blue”」が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事